風の森通信 第450号


深紅(ふかきくれない)


 この紅葉は宮城県岩沼市にある竹駒神社参道の紅葉。

photo_19120507.jpg

色は「深紅(ふかきくれない)」と私は思いますがいかがでしょうか。読み方としては(しんく)とも読めます。
深紅色とは紅花で繰り返し濃く染めたものといわれています。
王朝文学にある紅花で八回染めるという「八入(やしお)」の紅もこの色であろうか。
燃え上がる気持ちを私に伝えてくれた後、紅葉たちはカサカサ、カサコソとないしょ話をはじめます。
参拝した後、記念に記帳もしてまいりました。

 赤のイメージはやはり人間の体の中を流れている血の色。
季節ごとに咲く花の色を見て、どうしてこんな赤い色が出るのかという不思議。
枯れていくものだけが放つ赤。
口紅の色。
炎の色。
空の夕焼け。
そして万物の色を染めている太陽の色。

「深紅」は島谷ひとみの歌にも出てきます。


     深紅の空 燃え立つように
     信じる強さ 求めてく
     二つの鼓動 溶け合うとき
     生きる意味がそっと変わる

     深紅の炎 目覚める空
     私がここにいるしるし
     あなたに今 刻むように
     無垢な花になって歌う


その色はときめき、喜び、力強さ、儚さ、そして感動。

青空にまだ残っていた林檎、そして夕焼け雲もまた赤い色でした。

photo_19120509.jpg

photo_19120515.jpg


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ