fc2ブログ

風の森通信 第463号


春待つ心


    雛壇が並べられたる明るさに春待つ心またも膨らむ

                      平成20年2月2日 冨樫通明

photo_20020201.jpg

 今日のお稽古は八畳間。
もう雛壇が飾られておりました。
見ているだけで部屋全体が明るく感じられるものです。
この季節、齋藤先生はいつもこうして私たちを迎えてくれるのです。

 大炉を使っての逆勝手。
初炭手前、濃茶点前そして薄茶点前。
ほとんどの所作が左右反対になるため、いつになくお点前が丁寧に進みます。

photo_20020203.jpg

そのせいでしょか、時間がゆっくり進んでいるように思えてきます。

 明日は節分、輪王寺で月釜が掛けられます。
どんな鬼たちが出てくるのか今から楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ