風の森通信 第478号


流れる季節の早さ


  流れる季節の早さを感じています。
お正月を過ぎ、節分も過ぎ、雛祭りも過ぎてもう桜の季節なのですから。
あんなに長い間、春が来るのを待っていたのに。
過ぎ去った季節の早さを感じています。
いつも忙しくしているからそう思うのでしょうか。
時間に余裕があれば、もっとゆっくり季節を楽しむことができるののでしょうか。
あたたかくなった四月の風が桜の蕾たちに語りかけます。
「もう咲いていいんだよ」
こうして季節は流れていきます。

「雪月花」そして「松籟(しょうらい)」という風
冬に雪有り
春に百花有り
夏に涼風有り
秋に月有り
自然の四季は移り変わり
そのたびに人はみな、その日その日の一瞬の輝きを見つめます

photo_20040608.jpg

■日時    平成20年4月6日(日)午前8時~
■場所   仙台市青葉区 輪王寺半杓庵

待合    床     奥谷秋石画 桜山水

濃茶席    
       床     拙叟筆 日々是好日
       花     袖隠し、利休梅
       花入   古銅耳付
       香合   水鳥
        釜敷  銀砂子

薄茶席   床     春見文勝筆 雪月花
       花     有楽椿、おとこようぞめ
       花入   古松本
       香合   桧扇貝
       風炉先  唐松縁
       釜     撫肩
       炉縁   海松貝蒔絵
       棚     加壽美
       水指    朝日
       薄器    松嶋蒔絵
       茶杓    耕月老師作   銘 松籟
       茶碗   荒磯
        替    唐津       銘 小袖
       蓋置   交趾  かに
       建水   色絵文様つなぎ
       御茶   青松の白
       菓子   かげろう
       菓子器  八角網代

薄茶席のテーマは「潮干狩り」だったのでしょうか。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ