風の森通信 第484号


どんな絵本が生まれるでしょうか。


  
 mixi仲間のSさんに今朝こんなコメントを書きました。

top3.jpg

 昔々、人は鳥と仲良しだったのでしょうか?
人は昔、狩りをしたり卵を取ったりしたので、今では鳥たちからは話もしてもらえなくなりました。
背にあった羽も、歩いたり走ったりしかしなくなった人間には、いつのまにか羽は不要になって失くしてしまったのでしょうね。
今では天使のふわふわした羽は、絵画や結婚式のアイテムでしかお目にかかることはできません。

 でも木は今でも鳥たちと仲良し!
ん~
こんなお話の絵本はいかがでしょう。

 鳥はいつも遠くまで飛んでいって、その土地のお土産話をいっぱいしてくれるわけです。
遠くの仲間の木のことや、遠くの空のことや、遠くのおいしい水の話しや、紅葉したおしゃれな話など・・・
「ねぇねぇ聞かせてよ!」
根を張っているので動いたりましてや空を飛べない木は、枝にとまってくれる鳥たちにいろいろ質問をするわけです。
でも鳥はすぐに飛んでいってしまいます。
木は鳥にいいました。
「私の高いところにある枝の所に、君たちの寝床を作っていいからさ~」
「だからもっとお話聞かせてよ!」

 さちりんさんが書いた絵本を読んだ子供たちは、どんなお話を聞きたがるでしょうか!
きっと緑がいっぱいある絵本になるでしょうね~

さてさてどんな絵本が生まれるのでしょうか。
今から楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ