風の森通信 第499号


「南部曲り家」Ⅱ


 「南部曲り家」の油絵をご紹介いたします。

photo_20070600.jpg

         「南部曲り家と岩手山」  佐々木賢光

 この油絵も友人宅で先日拝見したものです。
南部曲り家の背景には、雪をいただいた岩手山。
その雪の白さと山の高さに目を奪われてしまいます。
雪の白さ、雲の流れに青い空。
ようやく春が顔をのぞかせてくれた季節。
それはいつもと変わらない春先の雪解けの光景が広がります。
舗装されていない道は土がようやく見えてきてぐしゃぐしゃの道。長靴を履かなくてはとても歩けません。
東北地方の春の訪れは、他の地方と比べてゆるやかなものです。
冬が長い東北の人々にとって、それは耐えることの時間の長さに比例します。
春は私たちにとって一入(ひとしお)の感慨をもって迎えるもの。
待ち焦がれた春への期待が、この絵の中には表現されています。
雪の溶け出した音、日差しはあるものの空気はまだ冷たい。
絵の前に立っているだけで、その場にいるような気がします。
全体が明るく輝き、生きるものすべてが光の春を待っているようです。
サイズは25号。
友人が絵の裏側から名刺を見つけたと見せてくれました。

   洋画家  佐々木賢光
            昭和二十年生
            武蔵野美大卒
            〒020-04
            岩手県紫波郡都南村

 郵便番号がスタートしたのが昭和43年ですから、それ以降の作品ということになるでしょうか。
佐々木先生は現在63歳。
入院生活をされているとお聞きしました。
一日も早い回復をお祈り申し上げます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

見たことあると思うけど・・・?

前にもアップしましたか?

早く、元気になるといいですね。

こんばんは!

 前回の「南部曲り家」は里山を背景にした秋の夕暮れの作品でしたが、今回は早春の岩手山をバックにした「南部曲り家」でございます。
岩手山の雪の白さが印象的な作品でございました。
盛岡や遠野にまた旅行してみたいものです。
佐々木先生の一日も早いご回復を!
コメントありがとうございました。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ