風の森通信 第500号


故佐藤宗鶴社中席

■日時 : 平成20年7月6日(日)
■場所 : 仙台市輪王寺 半杓庵
■主催 : 故佐藤宗鶴社中

 仙台は朝から暑い一日。
今日は故佐藤宗鶴社中のお席に入らさせていただくことができました。

photo_20070602.jpg

待合のお床には織姫神が荘られ、その下には佐藤先生の生前のお写真と、名誉師範の称号を大宗匠からいただかれるとき、代表でお受けになった先生のお写真も並べられておりました。
写真の前には佐藤先生が上梓された歌集「道はるか」が二冊があり、直接手にして拝見することができました。

photo_20070601.jpg

つい先日、この輪王寺で佐藤先生の七回忌が営まれたとのこと。
私がお茶のお稽古をはじめたのが五年前ですから、佐藤先生とは一度も会うことはできませんでした。
佐藤先生は支部の幹事長として長年勤められ、多くの先生方の育成と支部研修道場の建設、宮城の茶道の隆盛のため大きな力を発揮されました。他に油絵や日本画、短歌そしてスキーもおできになるという多才な先生であったとご紹介いただきました。
佐藤先生を慕って、早朝から多くの参会者でにぎわいました。

■濃茶席  
   
床       鵬雲斎大宗匠筆  歩歩是道場

photo_20070603.jpg

 花      白鉄線
 花入    円能斎在判 竹一重切  銘 友語り

photo_20070604.jpg

 香合    曲                   万象造
 釜     松花堂好四方            弥五郎造
 風炉    眉                    崇白造
 水指    瓢(仙叟好)             十代長左衛門造
 茶入    瀬戸                  二代作助造
 茶杓    鵬雲斎大宗匠作 銘 不老門
 茶碗    黒                   八代吉向造
  蓋置   淡々斎在判  竹一双の内    利斎造
  建水   累座モール             清右衛門造 
 御茶    青葉の昔               大正園詰
 菓子    道はるか                森の香本舗製
 菓子器  縁高

■薄茶席

photo_20070605.jpg

床       淡々斎筆  清風入簾来
 花      
 花入    円能斎作   銘 天狗丸
 香合    梶の葉              華正造
 釜      霰富士釜            八代寒雉造
 風炉    組扇風炉(清香院好)     宗完造
 棚      行雲棚              木遊軒造
 水指     白楽四方             旦入造
 薄器     亀蔵棗              葵春造
 茶杓     淡々斎作    銘 緑陰
 茶碗    手づくね              宗鶴造
  蓋置    橋
  建水    色紙ちらし 
 御茶    千賀の浦              松籟園詰
 菓子     花散る里             末富製
 菓子器   桑八卦盆透し          光春造
   
佐藤先生のお道具のほとんどが博物館に寄贈されていたこともあって、道具組には苦労されたのではないでしょうか。
でも佐藤先生思い出のお道具の数々。
茶碗も先生手づくりの末家焼。
淡交会だけではなく陶芸家達との繋がりも深く、人間的な広さや深さを感じることができました。
濃茶席の花入の銘が「友語り」
先生のお元気だった頃の活躍をいろいろとお聞きすることができたのです。
以前齋藤先生より佐藤先生の歌集「道はるかつづく」をお借りした時、印象に残っていた歌を三首ほど書き留めておりました。
この場をお借りしてご紹介させていただき、佐藤先生のご遺徳を偲び哀悼の意を表します。

  故郷も同胞も皆遠のきてひたすら励む今日の一日を    
 
  待ち待ちし君の便りの着きし朝胸騒ぎして開くもどかさ 

  朝露を踏みて入りたる人気なき茶室に沙羅の花静もれり 


 この茶会で、「宗鶴会」会員のT先生と初めてお会いすることができました。
T先生は一瓢庵庵主であり、私が勤める会社の数少ない男性の先生であることが分かりました。
これからのお付き合いが楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

白鉄線

「友がたり」の花入れに入れられた真っ白い鉄線の花が、
遺影の美しい佐藤先生のお姿に重なって、
ちょっと心が震えました。

さすがに仙台は、素敵なお茶人様が多くいらっしゃいますね。

関西はあまりに暑いので、七月後半から八月は
たいていの月釜はお休みなので、
気候の良いそちらが羨ましいです。

Re:白鉄線

 佐藤先生の遺影は、ソロプチミスト日本財団からの受賞時のお写真とうかがっております。
仙台出身の清香院さまとも深い繋がりがあったともお聞きしました。
皆様方から佐藤宗鶴先生のお話を聞く度に、一度お会いしたかったと今更ながら悔やんでおります。

 仙台は京都や奈良より涼しいのでしょうか。
夏は暑いなりにお茶会でこの季節を存分に楽しみたいと思っております。
いつもコメント感謝申し上げます。

お支度が大変なのに、それを感じさせないさりげなさが奥深いです。

これからは暑い中、お稽古もたいへんでしょうが、頑張ってくださいね。

心頭滅却すれば火も又涼し、、、ほんとかなぁv-42

でも暑さは!

さちりんさま

 夏の暑い季節に生まれた私は「暑さ」はなんとかなるもの。
逆に寒さが最近苦手になってきました。
 お稽古をやっている時、冷房の入っていないお茶室では、熱いお茶をいただいた時一瞬その暑さも忘れてしまいます。
まだまだ修行が足りないせいでしょうか、涼しいお部屋がやっぱりありがたい!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ