風の森通信 第518号


仙庵市民茶会

    
■日時  平成20年9月21日(日)
■場所  仙台市太白区茂ヶ崎 仙庵  

 仙台市野草園主催「萩まつり」の一環として、今年も「市民茶会」が仙庵において開催されました。
時折雨の降る中、お席に入らさせていただくことができました。

photo_20092100.jpg

席主は淡交会宮城支部支部長 藤井黎氏(前仙台市長)


床    坐忘斎家元筆   臥月眠雲

photo_20092102.jpg

「月に臥し雲に眠る」
月に照らされながら臥し、霧深い夜に包まれて眠るという。
厳しい条件のもとで修行することとお聞きしました。

花      白槿、下野(しもつけ)、すすき

photo_20092103.jpg

細かな網目の耳付籠の中に入れられていたのは、夏の名残りの花と秋の花、このような組み合わせもまたこの季節だけの楽しみです。

薄器    平棗      鵬雲斎大宗匠在判
茶杓    淡々斎作   銘 実りの秋
蓋置    染付 蜻蛉

このお席では、淡々斎、鵬雲斎そして坐忘斎、それぞれのお家元のお軸やお道具とお会いすることができました。

photo_20092104.jpg

お棗の蓋には色紙が重ねられ、その上には萩や秋草の蒔絵です。
春秋棚で一際目についたのが染付の蓋置。蜻蛉が三匹羽をあわせるように作られていて、白と青とのコントラストが目をひきます。
お菓子は宮城特産の「ずんだ餅」、やわらかくて大変おいしいものでした。
 最後のお席に遅刻してしまいましたが、S先生のご配慮をいただき席入させてもらうことができました。
この場をお借りして御礼謝申し上げます。
お席はいつも無料でありがたいことです。
わずかな時間の中でしたが、多くの市民の皆様方と一緒にこの季節を楽しむことができたのです。

   
和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ