風の森通信 第533号


落ち葉


  一面の銀杏の落ち葉を見ていると子らの声さえ夕焼けてゆく

                             H20.11.9 冨樫 通明

  「くらくなるからかえるよ~」
  「まってまって・・・いまいくから!」

  小さな弟が姉さんに向かって走り出しました。

photo_20110903.jpg

久しぶりに晩秋の松島そして山形へ一人で車を走らせてきました。

 松島ではおいしい地酒と海の幸を買い求めました。
現在宮城県内ではディストネーションキャンペーンということもあり、瑞巌寺では本堂「室中孔雀の間」が特別に開放されていたのでさっそく拝見です。普段は目にすることのできない御本尊や、政宗公の位牌などが間近に見ることができました。襖絵も松・梅・楓の下で大らかに羽を広げる雌雄の孔雀が描かれていて、それはそれは豪華なもの。
この瑞巌寺特別開放は12月31日まで。
拝観の後、埋木(うもれぎ)書院でおいしい薄茶をいただいてまいりました。

 それ後山形に向かい山田屋の「富貴豆」を手に入れる。
久しぶりの山形だったので、市内中心部にある紅宝庵を訪れてみました。いつ伺ってもおいしいお茶をいただけるお茶室。
深まりゆく山形の秋を楽しむことができたのです。

席主   稲村 宗花 氏

床     火炉頭無賓主
花     吉兆草、秋咲き万作

photo_20110906.jpg

晩秋の和やかなお席。
二十人ほどのお客様であったろうか。炉の中の赤々と燃える炭を中心に、亭主もお客も隔てなく集いながらおいしい一碗をいただく。
もうすぐ山形の街でも雪が降りはじめてきます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こちらではまだ緑の葉の銀杏もあれば、黄金に染まった葉もあり、又散り終えた木もあります。
同じ場所で何故こんなにも違うのだろうと不思議に思う事もありますが、人と同じで木にも色々事情があるのでしょうi-266
お点前の湯気(?)が恋しくなる気温です。咳などしてお抹茶の粉をあびませんように、、e-306e-445

風邪には注意!

★さちりんさま
 部屋の窓から見える寺岡山も、すっかり秋の色に化粧を終えました。
バスが通るユノの木通りの木々もすっかり黄色に色を変え、道路は落ち葉でいっぱいです。
確かに一部緑色の葉のところもあり不思議ですね~
それぞれの木にも個性や健康状態?!があるのでしょうか。
今は目立ちますが、しばらくしてすっかり葉が落ちた頃には、どの木がそうであったかなど忘れてしまっているのかもしれませんね。
 寒くなると、釜から立ちのぼる湯気がはっきりと見えてきます。
その色がはっきりと見える頃、もうすぐ冬なのだと視覚で感じとることができます。
お茶を飛ばさないよう風邪には注意したします。
そしてさちりんさんも注意されたし。
いつもコメント誠にありがとうございます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ