風の森通信 第537号


茶筅供養


 ・ 平成20年11月23日(日)午前11時30分~
 ・ 福島県いわき市  長源寺 茶筅供養

photo_20112301.jpg

 いわき市平胡摩沢にある長源寺は、旧磐城平藩初代藩主鳥居忠政公が、父鳥居元忠公菩提供養の為に建立した曹洞宗の寺院です。
毎年11月23日は茶筅供養が行われます。

photo_20112302.jpg

photo_20112303.jpg

今年で28回目の開催となり、今年も多くの参拝者が訪れました。
これまでの茶筅供養で、雨が降った日は一度もないとのこと。
ありがたいことです。
 曇り空のなか茶筅供養に参加されたのは約50名の皆様方。
茶筅供養は茶道の上達を祈願するものとして執り行われてきました。お稽古でお世話になってきた茶筅を一本一本供養し、茶道具を大切にする心と周囲の人々にも感謝する心を育て、自分を成長させることのできる場ともなります。
 毎年茶筅供養に参加された皆様に振舞われていたのがギンナン粥。そのギンナン粥をいただくのも一つの楽しみだったのですが今年は芋粥となりました。それは本堂の裏手にあった大銀杏の木が昨年の台風の時に折れてしまい、ギンナンの実はまったく取れなくなってしまったようです。でもおいしくいただくことができたのでついお代わりをしてしまいました。
 こうして今年もまた多くの皆様方の参加のもと、茶筅供養が無事執り行われました。
来年もまた元気で皆様とお会いしたいものです。



・薄茶席

     席主    裏千家 矢内 宗里 氏

    床     小野澤虎洞老師筆  遠観山里色

photo_20112304.jpg

 遠く山里(さんり)の色を観る。
山の上から遠くの山里を観ているさま。
その山里の様子は、遠く離れたところから望んでいるとよく分かるもの。
それはまた一歩下がってみることで、本質を観ることができるものだと先生より教えていただくことができました。

photo_20112305.jpg

photo_20112306.jpg

    花     白玉椿
    花入   竹
    香合   織部 伽藍

 花入の葉は艶があり、はっとさせられるほど生き生きとしているせいでしょうか蕾の白さが際立ちます。
香合も小ぶりながらも侘びた風情が印象に残ります。

photo_20112307.jpg

    棚      丸棚
    水差    瀬戸
    茶入    紋唐松蒔絵
    茶杓    誡堂和尚作  銘 時雨
    茶碗    那智黒
     替     奈良絵
     蓋置   高取
     建水   唐銅
    菓子    白菊          みよし製

茶筅供養にあわせて行われるこのお席、いつも出されるお茶碗があるとのことでした。
それは奈良絵の替茶碗。
このお茶碗でいただいた人は、傷もつくこともなくこうしてまたこのお茶碗に出会えたとお話をされたり、お茶碗を拝見する方々も、今年も元気な自分がまたこの茶碗に出会えたのだとお話されておりました。
同じお道具をつかわれ、こうしてお互いの無事と健康であることを確認しあえることができるのも、このお茶席だからでしょうか。
お菓子も毎年出されるのがみよしの白菊。
誠にありがたいことです。
お茶杓の銘が「時雨」
暖かないわきの地ですが、遠くの山はかすんで見え隠れしています。初冬の冷たい雨でも降っているのでしょうか。
お席の中では寒々とした光景を想いながらも、温かくそしておいしいお茶をいただくことができたのです。 

 矢内先生には写真撮影の許可とブログ掲載のご了解をいただきましたこと、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

【参加した会員からの感想】
 矢内先生からはこのお席は無題といわれましたが、そんなことはなくこの季節ならではのお床やお花そしてお道具の数々を拝見させていただきました。こうして今年もいわきの冬を前にした季節を楽しむことができました。今年の行事がまた一つ終え、年の瀬がまた一つ近づいたのだと感じております。
来年も参加させていただきます (S)


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

白玉つばきの、つやつやした葉と白い蕾に心惹かれますね。

活け方がすてきなのか、蕾にも凛と下物を感じられて、私は好きです。

このお花に見つめられて薄茶を頂いたお気持ちは如何でしょうか。

他のお道具も素晴らしいと思いますが、花の命は短くて・・・なので。
一期一会という言葉が浮かんできました。

白玉つばき

★さちりんさま
 広間に入った時、このお部屋で生きているものといえばこの椿だけです。
つやつやとした葉と白い蕾の配置がインバクトがあってしばらく見入ってしまいました。
お花の存在が、部屋全体の雰囲気を支配しているようにも思えました。
きっと何十本も切ってきた中から選ばれたお花なのでしょうね!
選ばれている先生の姿が浮かんでまいります。
花にも手を抜いていない先生の心意気が伝わってまいります。
素敵なお花でした、お花との出会いも一期一会。
頂いたお薄も誠においしいものでした。
いつもコメントありがとうございます。

瑞鳳寺の茶筅供養は12月だったでしょうか?
各地で行われているんですね。

茶道具の中で数少ない消耗品とはいえ
立派な工芸品ですよね。
供養をするとはお茶の心そのものですね。

調べてみたら、自宅のそばのお寺でも12月23日に行われるようです。
今年はちょっと難しいか・・・来年は是非参加してみたいと思います。

年に一度は!

★ネリさま
 供養と名の付くものにはこれまでまったくといっていいほど縁がありませんでした。
これを機会に、日頃お世話になっているお道具の供養には意識して参加してみたいと思っております。
以前、和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」例会の前に、茶先供養が瑞鳳寺で開催された記憶があります。
今年は参加できませんでしたが、機会があればまた参加してみたいものです。
是非、ネリさんのブログのスタート心よりお待ち申し上げます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ