風の森通信 第303号

 
 「花結び」とは、一本の長いひもを両手で結んでいろいろな花や紋、蝶や蝉などの小動物を表現する古来からの伝統技芸。
仙台市博物館で「第5回 日本結び文化展」が開催されました。
伝統の技シリーズの一環として企画展示され、大小さまざまな作品を拝見することができました。
単なる「結び」ではなく、それはもうアートの世界です。
以下にご紹介させていただく「花結び」の作品は、会場の責任者の方に写真撮影の許可をいただいたものです。
茶入の結びだけになりましたのでご勘弁願います。

photo_18061101.jpg


たった一本のひもの力は一であっても、結ぶことによって十や百の力を持つことが可能といわれ、結び目には神の御心が宿るものとして信仰の対象となってきた所以である。他にも「結び」は文字の代わりとしての役目をつとめ「心を結ぶ」ということまでやってのけるなど、単なる結ぶという行為だけにととどまらない。
美や機能性を追求されながら、日常生活の中に深く入りそして根付いてきたといえよう。

 千利休によって茶の湯が大成されたとき、茶の作法の一つとして結びも定められたようだ。茶道は当時の武将のあいだでは戦略の一つとして用いられていたのである。お茶入れ一つで戦をしたという話まである。
身分の高い方にお茶をさし上げる茶道役の間で、主君が毒殺されることを防ぐために、自分ひとりの心覚えの封印結びとして発達したという時代背景があった。一度ひもが解かれると直ぐに分かるようになっていて、中に入っていたお茶は全て捨てられる。
一子相伝といわれる時代であっても、親から子へ教えることも習うこともなかったいわれる。

photo_18061102.jpg


江戸時代になってからは封印結びとしての意味合いも少なくなり、花鳥風月などの飾り結びとして変化・発展することになる。
今では茶道、香道、神社仏閣での結びや葵祭りの山鉾にみられるような結び、能装束などにも伝統の流れをみることができます。
特に「花結び」は、女性の奥ゆかしく機智にとんだ教養として発達し、現代まで受け継がれている。
結びの典雅さは、日本文化の美しさを知ることにつながるのではないだろうか。

photo_18061103.jpg


photo_18061107.jpg


 展示作品を拝見した後、実習「花結び」として博物館の講習室で、鈴をつけた小物づくりを指導していただくことができた。
「平結び」と「つゆ結び」を使って作ります。
下の作品は先生の指導を受けて約十五分程度で完成したもの。
鈴を囲んでいる丸い部分が「平結び」、輪の付け根のところが「つゆ結び」
記念にいただいてきました。
残念ながらお茶入れの仕覆の結び方の実習はありませんでしたが、水引の高度な結びの作品や仕事結びなど、いろいろな作品をみることができ楽しむことができたのです。

photo_18061106.jpg


 6月24日には、和の学校仙台分校会員の佐藤さんが講師となるふろしきを使った「和のラッピング教室」が開催されます。
場所は仙台市青葉区中央二丁目にある、仙台市ガス局ショールームのガスサロン2階コミュニティスクエアです。

「和の学校」仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

 日本人てスゴイですね。ただのひもを結ぶのにも、心を込めるというか芸術の域まで高めていますね。 そういう時代背景があったのですね。知りませんでした。ありがとうございました。

一本の糸から

色んな結び方をご披露下さり有難うございました。糸ヘンに吉を書いて結ぶという字。一本の糸に心を込め結ぶ、日本人の凄さというのを見せ付けられたような気がします。

日本人の素晴らしさ

 今日は本当に素晴らしい一日でした。
仕事結びだけで4000種とか。
その他に「花結び」やら、神社仏閣で使われる結び、戦争時代に使われた結び・・・
これだけ結びを大事にしている国は他には例をみないとのこと。
結びの成り立ちや時代背景そして「結」という字の成り立ち。
そういえば「結」は「ゆい」とも呼ばれ近所同士の結びつきにも使われた言葉。
たった一本の紐に託した思いを考えると”凄い!”の一言です。
そしてその結びを実践していた人たちが戦前まで職人としてたくさんおられたということ。
忘れかけてた和の文化。
大事にしたいものです。

結び

日本人は知らず知らずのうちに結ぶという日本文化を私たちの生活に取り入れて生活していますね。生まれてすぐにへその緒を切る時に結んではいませんか?学校に入ると鉢巻をしてかけっこ。七・五・三には帯を結んだりはかまの紐を結んだりエプロンの紐を結んだりここ一番の時には(お産)おむすびが一番力が籠もるとか。数えたきりが無いぐらい有りますね。
風呂敷、紐のようなシンプルで持ち運びの簡単な昔からの小道具を今一度見直したいものです。

わすれかけていたこと・・・

 生まれた時から「結び」にはお世話になっていたことなどすっかり忘れておりました。
そうそう鉢巻きもそうでした。
毎日ネクタイを結んで会社に行っております。
それに女性ならではの結びもあったんですね。
「結び」に興味を持ち始めたのは、やはりお茶を始めたからでしょうか。
少しでも日常の中に「結び」を残していきたいものです。

いろいろと思い出すことができました。
感謝申し上げます。

失礼ながら

リンクさせて頂きました。

ありがとうございます。

 ご無沙汰しております。
お変わりございませんか。
今日は仕事で今帰ってきたころです。
明日は和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」の例会で山形県寒河江市に仙台分校会員の皆様方と一緒に行ってきます。
少し早めにいってさくらんぼ狩りも楽しんでこようかと思っております。
明日は晴れてくれればよいのですが・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ