風の森通信 第304号

 
 ・ 平成18年6月18日(日)午後10時30分~
 ・ 山形県寒河江市 臨川亭 直心庵  

 寒河江市は山形県のほぼ中央に位置し、東に蔵王山、西に月山、朝日連峰、北には葉山を望むことができる。
そして清らかな流れの寒河江川、山形県の母なる川といわれる最上川に囲まれている。
市内のいたるところに小川が流れ、恵まれた自然を守り継承していこうと「せせらぎ宣言」を行った市としても名高い。

臨川亭は寒河江川沿いに位置し、道の駅「寒河江」(チェリーランド寒河江)の敷地内にある。
雨も止み、寒河江川から爽やかな風が吹き抜けます。
さくらんぼの収穫時期とかさなり会場は大にぎわい。

直心庵 席

床     大徳寺松涛玄機筆   一雨潤千山
       裏千家  武田 宗泰 氏

photo_18061802.jpg


一雨(いちう)千山(せんざん)を潤す

慈雨。
ひとしきりの雨はすべての山を潤す。
ほどよい時にほどよく降って、草木や作物をも潤し育ててくれる。
雨の恩恵はこうして全てにいきわたります。

   五月雨をあつめて早し最上川   芭蕉

元禄期に板行された「おくのほそ道」のなかで、この地に供した置き土産の句として知られる。

photo_18061803.jpg


花      姫さゆり、すすき
花入    しぐれ傘 円能斎好写  京都竹師
香合    唐物水鳥親子(象牙)  清朝時代

風炉釜   唐銅風炉切合せ     大而浄林造
水差    唐物四耳付牡丹唐草  景徳鎮造
薄器    住吉蒔絵大棗       清瀬一光造
             鵬雲斎大宗匠在判
茶杓    銘 寿恵広(福禄寿切掘)
              大亀老師書付 稲毛誠中斎造
茶碗    斗々屋平茶碗       森田統(十雨)造
 替     紫陽花文(乾山写)   手塚充造
 替     平戸唐津(タタキ)    清水慈雄(指月庵)造
蓋置    竹一双もの         三千院小倉宗湖作
             寛海和尚在判
建水    高取焼            寿山造
菓子    青梅             わかつき製
菓子器   蛍籠   円能斎好写    
       つぼつぼ写        香泉作

佐藤寒河江市長が正客となったお席に、同席させていただくことができました。

photo_18061806.jpg


「町の中を流れる小川に、今年もまた蛍が飛んでくれるのが楽しみです」とのご挨拶。
「せせらぎ宣言」をしている町ならではのお話。
菓子器は蛍籠。
中に入っていたのは「青梅」。

photo_18061807.jpg


向かって左側が武田宗泰先生。
先生自筆の会記を頂戴することができました。
感謝申し上げます。
「梅雨の晴れ間の、お茶のひとときはいかがでしたか」と。
今回のお茶のテーマは「梅雨の晴れ間」だったのでしょうか。
先生の優しいおもてなしの心が伝わってきます。

photo_18061810.jpg


お茶をいただいた後は、和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」の会員の皆様方と一緒に、さくらんぼ狩りをして楽しむことができました。
「佐藤錦」がちょうど食べごろ。

お茶おいしゅうございました。
さくらんぼおいしゅうございました。

「和の学校」仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ