風の森通信 第626号


紅葉の賀(もみじのが)
 

        掬う手の水に影見る紅葉かな

        ゆっくりと落ちてゆくさま蔦紅葉 

                          H21.11.3 冨樫 通明

 今日訪れたのは仙台市青葉区川内にある東北大学植物園。
同園内で開催されている「紅葉の賀」の会場で、今年も野点席がありましたので伺ってまいりました。
会場まで来る途中、木々の幹にも紅葉の姿。
まるで一枚の絵、そして落葉のスローモーションを見ているような光景に出会いました。

■東北大学植物園 「紅葉の賀」 野点席

      席主 淡交会宮城支部 岡崎 宗澄氏

     床 泉田凌雲老師筆 短冊 一福延寿

      花     嵯峨菊、中川野菊、真弓
      花入   野路籠

      釜     四方  苫屋
      水指   唐銅  あこだ
      薄器   鹿ニ紅葉蒔絵  中棗
      茶杓   宙宝宗宇作    銘 多津田
      茶碗   絵萩
        替   黄伊羅保
        替   色絵  吹寄せ
      蓋置   竹
      建水   芒絵
      御茶   五雲の白
      菓子   秋晴
      菓子器  ねずみ志野

 今朝の仙台は最低気温が3度まで下がり今秋一番の寒さ。午前中は雨も降ったことも有り、残念ながら屋内でのお席となりました。 
 お席には「紅葉の賀」にちなんだお道具が数多く並びました。
実際にお道具を手にとって拝見できることも有り難いことです。
その中でも大きな野路籠に入れられた秋の花々がとても印象的で今でも心に残っております。
お席には市民の皆様をはじめとして、県外のお客様や大学関係者、俳句をされる方々そして同大学の学生さんなどでいつも満席の状態でした。岡崎先生は席入されたお一人お一人に声を掛けられ、本当にお優しい先生でございます。
来年の岡崎先生のお席にはまた参加させていただきます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

美味しいお茶でしたね!

こんばんは!そちらは紅葉がまだ見られるのですね。お茶席でも秋を感じながらの一服、至福の時ですね!!
私も今日はお茶会でした。当地で続く流派を超えた男性だけのお茶会です。7流派くらいの方々が一緒にお席を掛けられています。今日は雪模様でしたが、お茶席は楽しく、暖かでしたよ。

季節の楽しみ!

★popyu さま
 こんばんは。
 そろそろ仙台では銀杏の葉の色が変わり、市内のあちこちで黄色一色に空が染まってまいります。
 岡崎宗澄先生のお席は、季節感や郷土色にあふれたお道具の取合わせがいつも楽しみなお席でございます。先生にお会いする度に、心新しくありたいと思う私の気持ちにいつも応えていただけるお席であり先生です。
私にとっては憧れの先生でございます。
岡崎宗澄先生は岡崎宗豊先生のお母様でいらっしゃいます。
仙台にお立ち寄りの際は是非道場にも足を運んでいただき、宗豊先生との昔話や、北海道茶道会館や札幌・旭川の話でもご一緒に伺いたいものです。
 遅れましたが、淡交会宮城支部のホームページが7月から開設されましたのでご案内申し上げます。
アドレスは以下のとおりです。

http://www5.ocn.ne.jp/~tankou-m/

 男性だけのお茶会があるとのこと・・・実に羨ましいお話です。仙台でもそんな機会がありましたら是非参加してみたいものです。
 これからは寒くなる季節、そしてすぐに年の暮れ、この一年の歳月を振り返る季節になってまいります。
雪を見ながらのひととき、ゆっくりお茶をいただきながら過ぎ去った時間のさみしさ、わびしさ、感謝の気持ちとこれからどう自分が向き合うことになるのか楽しみになってくる季節です。
いつもコメント感謝申し上げます。

お道具の素晴らしさは良く分からないのですが、野路篭とお花が素敵ですね。
秋を謳歌しているようなお花たちの数々がお席を引き立てているようです。

秋色に!

★さちりんさま
 お茶席のお床で拝見する機会のなかった「野路籠」です。その中には嵯峨菊などのたくさんの秋の花々が入っていて、見ているだけでも季節を感じてしまいます。
こんなにたくさんの花が入れられているのも珍しいこと。
お席全体がそして岡崎宗澄先生やお点前をされている方々までもが秋色に染まっているのではと思ってしまいます。
コメント誠にありがとうございます。

どのように編まれているのでしょう?二重に編まれているような…ダイナミックな籠ですね!
籠に負けない沢山の菊、でも派手すぎず、素敵です(^^)…「秋」が主役なんですね!


私も初めてでございました。

★ひっこりさま
 こんばんは。
コメント誠にありがとうございます。
「野路籠」は初めて拝見する籠でした。
こんな大きな籠があるとは思ってもみなかったものですから・・・驚きです。
籠が大きいので、花が多いとは感じさせないほどでした。
季節の花はやっぱりいいですね~
「秋」が主役!
私も同感です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ