風の森通信 第632号


今年最後の輪王寺月釜
 

 昨夜の仙台は大雨でしたが、朝から晴れ渡り静かなそして穏やかな一日となりました。明日が大雪そして冬至に向かって日差しは日ごとに影を伸ばしていく季節です。
輪王寺では雪吊りも終り冬本番を待つばかり。

・日  時  平成21年12月6日(日) 12時~
・場  所  仙台市青葉区北山 輪王寺 半杓庵
・主  催  淡交会宮城支部

■待合
  
 床   菊田伊洲筆  雪景山水図

■濃茶席

  席主 篠原 宗由 氏

 床   天倫宗忽筆  他是阿誰

  花     諸人、臘梅
  花入   古銅柑口
  香合   古染付人物文

他(かれ)は是れ阿誰(あた)
釈迦や弥勒が頭を垂れる他(かれ)とは誰なのか。
釈迦や弥勒でさえ終点のない世界にいるということなのでしょうか。一人一人の心や精神というものがその他(かれ)にあたるのだろうか・・・
花入に入れられた椿は「諸人(もろびと)」
小輪で白一重、抱え気味の筒咲き筒芯端正なお花とお聞きしました。


■薄茶席

  席主 佐藤 宗智 氏

 床   泉田玉堂老師筆   行雲流水

  花     土佐水木、磯菊
  花入   幾何文様
  香合   拍子木

  風炉先  亀甲松
  釜     片身替面取
  炉縁   溜塗面松葉蒔絵
  棚     四方瓢
  水差   祥瑞蜜柑写
  薄器   松山蒔絵大棗
  茶杓   碩應老師作   銘 煤拂い
  茶碗   赤
  替     虫明
  蓋置   夜学
  建水   紫交趾唐草彫
  御茶   青松の白        大正園詰
  菓子   風花            賣茶翁製
  菓子器  流水蒔絵一閑四方盆

 釜から吹き上げる湯気に暖かさを見つけることができます。
その下で真っ赤になっている炭火の存在も。
年の瀬を感じ取ることのできるお席でございました。
私がいただいたお茶碗は十牛図の中の「見跡」、偶然とはいえ今の私にはぴったりのお茶碗でございました。お茶でいえば割り稽古が終わって次の段階にいくあたりでしょうか、ようやく茶道の入口に立っているようなものです。お隣の皆様方のお茶碗も拝見させていただきました。「牧牛」「見牛」「騎牛帰家」・・・話が弾みます。
先生から「早目ですが来年もよいお年でありますように」とご挨拶をいただきました。
残り最後の月日と向き合うことになります。
そうだ煤拂い、年賀状、身辺整理そして今年一年を振り返らなければ。
今年のカレンダーももう後がない。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お庭の雪吊りが幾何学模様のようですね。お庭の雪吊りとは対照的に赤い炭火は静かに燃えながらも情熱的な風情をかもしだしていることでしょう。何となく焦り始めている今日この頃ですが、こうしてブログを拝見しながらコメントを書き、お茶を飲める夜長はお気に入りの時間です。自分のうちなる心に向かい合い、、、なんてね。

一年の締めくくり

一年の締めくくりとして、
美しい時間を過ごされていらしたのですね。
お花やお道具などの文字を眼で追っていくうちに、
この瞬間という時の流れがかけがえのないものだと、
しみじみと感じられました。
フルコースのメニューよりも、考え抜かれたもので、
本当に豊かな気持ちになれました。ありがとうございました。

夜長

★さちりんさま
 こんばんは。
今日は大雪、雪もなく穏やかな一日となりました。
夜は私にとっても貴重な時間。
お茶をいただきながら今日を振り返ってみる、そして皆様方のブログを拝見する。
そんな時、それでは自分はどうなのだろうと思うことが私にもよくあります。
大きな意味でいえば「さて自分はどうなのだ」と思う気持ちは、仏教や禅の基本的な考えかたに似ているような気がいたします。感じるものがあったなら内なる心に私も問うてみたいと思います。
いつもコメント感謝申し上げます。

収めていくことの楽しみ

★谷川雫さま
 こんばんは。
十二月というのは最後の月ということもあって、さまざまな行事があるものです。
濃茶席も薄茶席も、席主の先生方は今年一年を振り返っておられました。特に十二月を担当された先生方にとって、今年の月釜がこれで総て終わるという充実感や達成感のようなものがきっとおありなのではないでしょうか。
一つ一つ物事を収め終えていくという安堵感そして嬉しさ。このことは日常生活の中の私たちにとってもとても大切なことのように思います。
 月釜を担当された先生方は、このお席のために一年をかけて準備をされておられます。そのプロセスの最後にこのお席があるのだと思うと、先生方のお言葉や一字一字の重みを感じることができ本当に有り難いことです。
お席で先生方の思いやおもてなしをいただくのは美しい時間の流れです。その空間に自分がいることが人間として生きてきて良かったと思う瞬間でもあります。
「主客在大円之中」
来年もまた元気でこのような空間や時間に出会えたらと願っております。
いつもコメント感謝申し上げます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ