風の森通信 第638号


万年寿千里夢


      万年寿千里夢    臨済寺阿部宗徹老大師筆

photo_22010101.jpg

 庚寅歳 平成22年1月1日
新年明けましておめでとうございます。
万年の寿千里の夢
人は万年も生きられるものではありません。しかし人は千里先の夢をいつも考えたり夢を追い求めたりするものです。
夢は夢として、毎日の生活の中では一歩一歩の積み重ねこそが大切なのだという教えでしょうか。
寅年生まれの私にとっては、万年の幸せは虎のように千里往って千里還るほどの行動力が必要だと、素直に理解させてもらおうかと思っております。私はやることがいっぱいで老けてなどいられません。
 この色紙は和の学校仙台分校のN先生から、私が寅年生まれだというのでわざわざ届けていただいたものです。
阿部宗徹老大師直筆、右上には「水清美山」の関防印。
朱文印は室号の「無底窟」、白文印は道号「浩三宗徹」とみることができます。 
阿部徹老大師は妙心寺第七百四世、そして現在花園大学学長を務められています。
描かれた二匹の虎は、千里先の未来を見つめながら首をかしげている後姿がなんとも個性的。
私の大事な宝物にさせていただき、秋に予定しているお茶事の床に荘らさせていただきたいと思っております。

 毎年、元日には太陽を拝むのが私の習いです。
子供の頃から「お願いより先にお礼をいうように」と父母に言われ続けてきました。しかし不思議なことにこの年になっても「お願い事」を先にすることが多く、気付いてから途中で慌ててお礼をするということがしばしばです。
それは日常の生活の中でもいつも必要なこと。
「ありがとう」
「ありがとうございました」
きれいな日本語です。
しかし残念ながら今年の仙台は朝早くから小雪模様、太陽を拝むことが出来ず道路に出てまずは雪かきです。
5cm程度積もっていたでしょうか。


     雪かきで新年(とし)がサクサク動き出す

                          H.22.1.1 冨樫通明

photo_22010102.jpg

お昼過ぎにはご覧のように私の車の上にも雪が積もりました。

photo_22010103.jpg

ユーモラスな表情の怪獣の顔にも似ているので、このままそっとしておきましょう。
明日はどんな怖い怪獣になっているのか楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

新年

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

雪一面の「白いお正月」ですね!こちらはひたすら「寒い正月」です。昨日は洗車をしていたら小雪がちらり…。気のせいかと思うくらいホンの気持ちだけ。

年男ですね!身体に気を付けて、また1年、お仕事に趣味に頑張ってくださいませ。

明けましておめでとうございます

富樫様は年男なのですか・・・!?
今年一年ますます祝福されますように。

このブログも楽しみにしております。

お茶にライアーにご趣味を堪能してくださいませ。その楽しみをご相伴させていただきます。

本年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。

仙台は、雪の元旦だったのですね・・・
東北と言っても、雪の少ない仙台は、
雪が降ると喜んで母から電話がかかってきます。
富樫さんのように、写真を撮っているようですよ。

年男さんなのですね。
また色々なことにトライ!してください。

雪の正月!

★ひっこりさま
 明けましておめでとうございます。
コタツに入り雪見障子を開けて雪景色を楽しみました。
たまにこんな景色もいいものです。
わが家の車はすっかり雪で覆いつくされてご覧のとおりです。
今日はのんびりお茶を点てながら、友人達の年賀状を見て過ごしました。
のんびりできたお正月。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

積み重ねて!

★YANさま
  明けましておめでとうございます。
12年に一度訪れる寅年!
私にとって人生の中でも大きな区切りの年、今年は充実した一年にしたいと思っています。
昨年はやることをいっぱいやってきた一年、今年はその中から一つでも二つでも結果を残せる事をしていきたいと思っております。
「今年はこれとこれをやった!」そんな一年が目標です。
結果を残すためには一つ一つの積み重ね、一日にして成らず。
積み重ねが具体的に目に見えるようにしてやっていくつもりです。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

雪のある風景!

★まりぃ様
 新年明けましておめでとうございます。
子供の頃は雪のあるお正月が当り前でした。
でも最近は暖冬でお正月の時は雪のない年が多くなっていましたが、今年は雪が降ってくれてあたり一面銀世界です。
お母様と同様私もカメラを持っていっぱい写真を撮りました。街の景色も一変してしまいます。
雪が降る度に思い出されるのが版画家斎藤清の作品です。ふるさと会津の雪景色を単純化したフォルムと木目を生かした作品です。現在やないづ町立斎藤清美術館で開催されている「雪の音色」を是非見にいきたいと思っています。

http://www4.ocn.ne.jp/~s.k.muse/kikakuten_s_k_m.htm

機会がありましたら彼の作品をご覧いただければと思います!
本年もよろしくお願いいたします。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ