風の森通信 第651号


大炉のあるお茶室


 土曜日の午後はお茶のお稽古です。
大炉のあるお茶室は八畳の大きさで、障子を通して光が入ってくると同時にすりガラスもまた光を柔らかく通してくれるお部屋です。

客席に座っていると、お点前をする人が水屋から廊下を通ってお道具を運ぶ姿もこのように見えてきて、まるで輪郭がぼやけたシルエットを見ているようで、いろいろと想像したりして楽しむことができるのです。
外が明るいと露地の景色までぼやりと見えてきたり、鳥が枝に飛んできたりいる姿や木々が風に揺れる景色も見えてきます。
ほとんど蛍光灯をつけることがないので、お茶室の中はごらんのような明るさでお稽古が進みます。

真っ赤になった炭の色や湯気の立ちのぼる姿もよく見えてきて、昔はこんな光景があったと思い出されます。
総てが電気を使うことのないアナログの世界というより電気のない世界。ありがたいことに今の時代でもこういうお部屋があるのです。

 今日のお稽古は大炉後炭手前、包み帛紗そして筒茶碗での薄茶点前。
来週は後輩たちの許状伝達式が執り行われます。
私は行之行台子と齋藤宗紀先生から予告がありました。

 明日は県北の大崎市古川まで足を伸ばし月釜に参加してきます。
「浅春の茶会」鈴木宗洋先生のお席。
雪の多い古川で、どんなおもてなしがまっているのか今から楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

最近は人工の灯りが多くなっていて、自然の灯りに包まれるとホットしますね。
子供の頃、お座敷の大黒柱の前には必ず大きな火鉢が置いて有り、赤々とした炭火のうえには、湯気の立つ鉄瓶がありました。
お茶の世界とは無縁ですが、ふと障子の向こうの世界とリンクしてしまいました。

早いもので

大炉の時季ももう終わり。
八畳に差し込んでいる光も、これからどんどん春めいてきますね~。

今週の暖かさで桜の開花も早まるとか。
暖かさもですが、太陽の光が嬉しい頃ですね。

不思議なもの・・・

★さちりんさま
 昔あった光源というのは不思議です。
私の実家には居間に大きな長火鉢があって、いつもお湯が沸いていました。
いつどんなお客さんが来ていいようにという配慮だったのでしょうね~
鉄瓶の下で炭が燃えている火も暗闇の中でみた明りとして今も記憶に残っています。
どんなに時代が進んでも自然の火や灯りには、人を引き付ける何かがあるような気がいたします。
時代を飛び越えられるそんな光や灯!
そしてそこにリンクしていく場所や空間!
とても不思議ですよね!
いつもコメントありがとうございます。

一年の月日!

★ネリさま
 こんばんは。
明日から弥生三月。
土曜日のお稽古で、来週から吊り釜と先生から予告がありました。
一年は本当に早いものです。
そして秋に向けて着々とお道具が集まってきております。
席順も斎藤先生そしてネリ様そしてお詰はT先輩にお願いしようと決定です。
あとは日程をお知らせするだけです。
お待ちくださいね~
コメントありがとうございます。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ