風の森通信 第656号


色絵菱小紋



         色絵菱小紋蓋置   世々窯 寿山造

 お茶事を意識していると、お道具に対する見方が少しずつ変わってきました。
今日は色彩的にとても素敵な蓋置を手に入れることができました。

今までは作者や箱書などを中心に考えてきましたが、どうもそればかりではないようです。
この蓋置の色には一目ぼれ、作者の筆使いとそのニュートラル・カラーに魅せられました。
お茶事を行う季節を考える時、自分らしさが出る色彩にも気を配ってお道具組みをしたいと思っています。
これもまた楽しみなことでございます。

 メールでお問合せがありました。
影が無く浮いて見えるのですが、どのうよに撮影されたのかという内容です。
自然光での撮影、銀色のスクリーンに置いて20度くらいの角度をつけ寝かせてから逆光でとったものです。
不思議なもので浮いて見えるというわけです。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

新鮮です

青と赤が斬新ですね。そして写真の撮り方も。
このような色と線の使い方がお茶のお道具に使われるのも初めて拝見しました。
お茶の世界も新しい風がふいているのでしょうか。

いつの時代でしょうか?

★さちりんさま
 世々窯 寿山の文字と寿の印が押されています。
インターネットでいろいろ調べているのでいが探すことができませんでした。
いつの時代の作でしょうか?
作者はどのようなお方なのでしょうか?
誰か教えていただけませんでしょうか。
手に入れることはできましたが、皆様にご紹介する術がございません。
お席ではなかなか拝見することの出来ない斬新な色使いのもので、いつかお茶事で使ってみたい蓋置でございます。
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ