風の森通信 第662号


第4回和の学校シンポジウム


■日時:平成22年4月10日(土)13時~
■会場:東京国際フォーラム ホールC
■主催:NPO法人和の学校、読売新聞社

 まだ桜が咲いている東京。
和の学校シンポジウムは今回で4回目となり、東京では2回目の開催です。
開場は12時からでしたが、その前から多くの皆様が列を作られ約1,200名近くのお客様のご参加をいただきました。

 私は2年前のシンポジウムの時と同様、今回もボランティアスタッフとしての参加です。
担当したのは会場案内係、そして「お茶湯の儀」のスタッフ。仙台分校からは他にSさんそしてKさんが和の学校会員の受付担当そして「お茶湯の儀」のスタッフとしてご協力をいただくことができました。 
会場案内係ではご招待者の方々そして関係者や和の学校会員の皆様を指定の場所にご案内する役目です。
ご挨拶は讀賣新聞社東京本誌社長老川祥一様のご挨拶。
そしてNPO法人和の学校理事長の伊住弘美様から伝統文化の根底にあるおもいやりの心、自然や神仏への畏怖や感謝、美しい歳時記、衣食住の知恵と楽しさ。文化とは非日常ではなく私たちの暮しを支え潤いを与えてくれるものだとお話をいただきました。お茶を点ててみる香を焚いてみる、身近にできることからやってみてはいかがでしょうかと訴えられました。

 第一部では裏千家今日庵、千宗室御家元による「お茶湯の儀(おちゃとうのぎ)」 
「お茶湯の儀」は裏千家御家元が、茶道の礎を築いた千利休居士にこのシンポジウムの開催を報告し、感謝や思いやりの心にあふれた世の中につながるようにと願いをこめて一碗を捧げられるものです。裏千家の行事の中では行われますが、一般市民を対象にして行われるのは極めて異例なことです。
 緞帳があげられる前、家元がお席に座られ静かにお待ちになっておられる時、静かな時間が舞台に流れていたように感じました。すべての準備が整った後に訪れる静けさとでもいうのでしょうか。その静けさに舞台脇で待機している私はなぜか心が高ぶったものです。それは緊張感と一緒に未知の空間と時間にいざなわれていくのだと思う時、誰でもが体験する瞬間なのかもしれません。ましてや千名を越える皆様方とご一緒に体験するということはなかなか得がたいものでした。
この空間と時間との出会いもまた一期一会。
御家元が利休居士に一碗を捧げられお辞儀をされた時、私も目を閉じ自然に頭を垂れていたものです。 
「お茶湯の儀」が無事終えられ御家元が退席された後、第二部の「鼓童」の皆様方による和太鼓公演が始まるまでの10分間、「お茶湯の儀」で使われたお道具など一式を撤収するのが私たちの役目です。
実は前日の夕方、リハーサルの現場に立ち会うことができました。撤収の際、手際よくできるようにと事務局のご配慮をいただいたものです。ござが敷かれ畳や金屏風が並べられお道具が設えられていくものでした。

               (前日の準備風景)

撤収は15名のスタッフで手際よく舞台から外され無事終了することができました。
約20分間の「お茶湯の儀」に、実に多くの皆様方が携わられていたのを知ることができました。わずかな時間の撤収作業とはいえ、なかなか得がたい経験をさせていただいたと思っています。
第二部は芸能で、「鼓童」の皆様方による和太鼓演奏。
第三部はパネルディスカッションでテーマは「伝統文化とくらし~みてみよう!やってみよう!~」
パネリストは志野流香道御家元の蜂谷宗玄氏、落語家の林家正藏氏、心理学者で東洋英和女学院大学教授の岡本浩一氏、そして作家の松井今朝子氏。
コーディネーターはNHK京都放送局のアナウンサー中川緑氏。
各界でご活躍の皆様方のお話に耳を傾けます。
詳細内容については4月30日の讀賣新聞朝刊に大きく掲載される予定と聞いておりますので、是非ご覧いただきたいと思います。

 今回のシンポジウムで実に多くの皆様方との出会いが心に残ります。
和の学校仙台分校から、わざわざ着物でおいでいただいた会員の方もおられて本当に嬉しいものでした。
なかなか得がたい経験をさせていただきましたこと、和の学校事務局の吉田さんそして山下さん井藤さんには感謝申し上げます。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

大きな舞台のお手伝いというのは、勝手もわからず、とても気を使うことでしょうね。ご苦労様でしたm(__)m

こんなに大掛かりなイベントに参加できなくてとても残念でした。
次の機会には拝見したいものです…あ、お手伝いしますね(^.^)

とても貴重な経験をなさったようですね。
前日のご準備からということは、お仕事お休みして、東京に駆けつけられたのでしょうか?
でもそれ以上に沢山のものを得られたことと存じます。
4月30日の新聞楽しみです。

そちらは寒空に桜がどうしようかと困り顔のようですね。
どうかお風邪など召されませんように。

ありがとうございます。

★ひっこりさま
 こんばんは、コメントをいただいていたのに返信が遅れてしまい、大変失礼をいたしました。
私にとって和の学シンポジウムは2年に一度のお祭りのようなものでしょうか。
御家元が一般市民の方々を対象にして「お茶湯の儀」をされるのは、大阪のシンポジウムに次いで今回が二度目と聞いております。
和の学校伊住弘美理事長のご挨拶の後、司会者から「お茶湯の儀」が紹介されすぐに行われたものです。
短い時間ではありましたが、ぴんと張り詰めた空気の中で行われました。会場の出入りはすべて禁止され、拍手や携帯の呼び出し音や話声などは一切なく、1200名の方々がかたずをのんで見守る中で執り行われました。
約15メートルくらい離れた舞台脇で拝見させていただきましたが、天目茶碗に茶筌のあたる音がはっきり聞こえたくらい、静けさの中で行われたことがとても印象に残っています。
こんな機会はこのシンポジウムでしか味わうことはできないでしょうねきっと。
ひっこりさん!次回のシンポジウムには是非会員ボランティアスタッフとしての参加をお待ちしております。
お着物姿での参加も可能です。
そう、当然受付も担当していただくことになります。きっとひっこりさんの着物姿が目を惹くでしょうね~^^
二年後が楽しみでございます。
コメントありがとうございました。

参加したかいがありました!

★ハレのははさま
 こんばんは。
今回のシンポジウムのおかげで、とても得がたい経験をたくさんさせていただきました。
前日は平日だったため一日仕事を休んで行ってまいりました。
年が明けてからこの日のことは知らされていたので、前々から職場で騒いでいたので堂々と休みをとって参加してきました。休みをとり体力的にも金銭的にもいろいろつかいましたが、でもそれ以上に得ることがたくさんありました。しがいがあるというのは、何かを犠牲にしてまでも成し遂げることをいうのでしょうねきっと!
初めて仙台分校の会員の方との出会い、全国の会員の皆様方との出会い、 業躰先生方や事務局そして多くの和の学校関係者の方々との出会いも大変有り難いことでした。
たった二日間だけという限られた中での出会いが一番印象に残りました。
お茶を楽しみながらまた出会いも楽しむことができたシンポジウムになりました。
また機会があったら参加してみたいと思っています。
前日、仙台分校会員の皆様方と一緒に根津美術館や出光美術館をまわってこれたこともあって、より充実した二日間になりました。
是非30日の讀賣新聞をご覧ください。

 東北はここ二・三日寒い日が続いています。
山沿いでは雪が積もったとテレビで報導されていました。
仙台は13日に開花が宣言されましたが、ようやく枝垂れ桜が咲き始めてきたところで、来週に入ってからが見頃と聞いております。
今日の仙台は最高気温が7度くらいまでしかあがらず、これではコートだけでは寒くていけません。
まだまだ冬物は手放せませんね。
コメント誠にありがとうございます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ