風の森通信 第648号


一人静(ひとりしずか)


   まちまちし一人静といふ花に逢ひ得しまでの時長すぎて

                           H22.05.02 冨樫 通明

庭にある大きな松の木の下に、ようやく一人静が咲き出してきました。
見つけたのは夕暮れ時。
山野草を集め出してからしばらくなりますが、この一人静という花と出合ったのはちょうど三年前のこと。
花々が散り始めた頃、足元にそっと咲き出す小さな白い花。
仙台では一年は五月のためにあるといわれています。
私にとってこの花がいつも新緑の五月を運んできてくれるのです。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

蕾からちょこっとだけ顔を出している姿は親指姫のような可愛さですね。
花言葉が、隠された美とは良く言い当てていると思います。
満開が楽しみなことですi-267

言葉のイメージ

★さちちりんさま
 今年の仙台はいい天気が続いています。
連休最後の5日も朝から晴れていて、こんなに続いているのは以前にあったでしょうか。
植物を大きく撮ってみると以外なことが発見されるものです。そして花の名前からくるイメージもあって想像が膨らみます。
いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ