風の森通信 第657号


慈雨


 天気がいいとか悪いとか誰が決めるのだろう。
晴れていれば天気が良いというのでしょうか。
雨が降ったら天気が悪いというのでしょうか。
雨はある人にとっては良いと思うこともあるだろうし、ある人にとっては悪いということだってあるわけです。
「慈雨」という言葉もあるように、雨が降ることを良い天気ということもあってもいいはずです。
日々是好日
しっとりとした雨の一日もいいものです。

 毎年六月五日は仙台市青葉区瑞鳳寺において、栄西忌の法要と茶会が行なわれます。

新緑は6月に入ると一雨毎にその色を増し深緑となりました。
ここ霊屋下(おたまやした)では緑色した雨が降りそそぎます。
境内には「高尾門」があり、その案内板に一つの句があります。

    君はいま 駒形あたり ほととぎす   高尾

なぜ遊女高尾の句がここにあるのかよく理解でません。
高尾と伊達藩がどのようなつながりがあったのか、いつか鎌田住職にお聞きしたいと思っている。

 濃茶席では雨の音に耳を傾けながら時が過ぎていきます。
薄暗い床の花入に入れられていたのは大山蓮華。
白く膨らんだ蕾がとても印象的でした。
お茶杓の銘は「流芳」

この季節にはやはりこの短歌が似合います。


   あなたからきたるはがきのかきだしの
       「雨ですね」さう けふもさみだれ   松平修文


 総てが濡れ色の季節。
久しぶりに友人と出会い、傘をさして歩きながら心安らぐ一日となりました。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

その日の雨と今日の雨

こんばんは。
その後お風邪のほうはいかがですか?

梅雨空には新緑よりも深緑が似合いますね。
昨年の同じ頃、こちらで掲出されていて知ったこの歌とても好きです。
時間はずれているけれどさみだれの降る季節と心を共有しあう、その日、あなたの事を思っていた時間にも雨は降っていましたよとの問いかけに応えるようなこの歌にその日の雨と今日の雨の不思議な連帯感をおぼえます。
6月は雨の季節、そろそろ入梅ですね。
ちらほらと紫陽花も咲きはじめたようです。

抒情歌

★ rumi さま
 おはようございます。
作者がはがきを手にしながら、降っている雨をじっと見つめている情景が見えてまいります。
情景の見えてくる短歌こそ私の憧れの歌。
「雨ですね」という言葉に、これまでの思いの総てが甦ってくるわけです。その思いは一枚、一枚の日本画のように彼の回りを取り巻いているに違いありません。きっと一日心ゆくまで雨の音を聴いていたことでしょう。
ロマンチックな歌でありながら切ない歌でもあります。
私たちも一人一人がきっと雨の音を持っているはずです。
rumi さんはどんな雨の思い出がありますか?
 風邪、治す時期を失すればかれこれ二週間。咳もようやく治まってまいりました。ご心配をおかけいたしました。
コメントをいただき感謝申し上げます。

雨は嫌いです…

こんにちは(^-^*)/

大山れんげ…
私の教室でも、先月末、床に生けてありました。
優しく白くふくらんだつぼみが印象的でした。

もうすぐ梅雨…
私は梅雨が嫌いです。
雨が降っても楽しめるよう、庭を囲むように紫陽花を植えています。

夏への憧れ!

★まりぃさま
 暗闇にある真っ白な花「大山蓮華」の存在は、お茶室の中では一種独特のものがあります。
そこだけが花で照らされているとでもいうのでしょうか。いつかこの季節、私もお茶事につかってみたいお花でございます。
 もうすぐ梅雨ですね~!
少し気まぐれではありますが、例年ほぼ予定どおりに来てくれます。そんな時期にしか咲くことのない紫陽花は、ある意味では諦めにも似た花として存在している花です。それを思うと何だかかわいそうです。そんなこともあってか私は特別にかわいがってあげたいお花でもあります。
私の好きな紫陽花の色は「空色紫陽花」、今年も出会いが楽しみです。
日本に住む私たちも、春から夏に行くまでの雨は定めとして、必ず来てくれるものとして嫌がらずに迎えてあげましょう。
確かに雨が降れば洪水になったり、洗濯物も乾かず、ジトジトした毎日が続きます。でもこの梅雨が無いと夏は来てくれません。夏への憧れ!せっかくの梅雨の季節も逆手にとって楽しんじゃいましょう!
いつもコメントありがとうございます。

今日は蒸し暑く、だるいやら、疲れたりで体がついていきません。
暑くなれば、涼しさが恋しくなり、ほこりっぽい空気ですと雨がほしくなります。
我が儘なものですね。

梅雨の一日、窓から眺める雨は嫌いではないのですが、出かけるときはぬれて不愉快になったり、傘が邪魔だったりと、梅雨を楽しむ気持ちになれないのが、何とも情緒のないことです。。。

今年は富樫さんのように、梅雨を楽しんで見る事にいたしましょう。

良いこととして考えることに!

★さちりんさま
 こんばんは。
雨の日も晴れの日も、物事をプラス思考に持っていくようにしたいと考えています。そうすれば自分の意識が自分の行動に大きく影響を与えるのではと思うわけです。
晴れの日が続けば雨が欲しいと思うようになり、雨ばかり降り続けば晴れてほしいと思うものです。それは誰だって同じです。
でも雨ばかり降り続くことなどないわけで、必ず晴れの日がやってくるわけです。以前、朝のラジオ番組で気象予報士のお話のなかで、年間の総時間数のうち実際に雨が降っているのはたったの5%で、あとの残りの時間は雨以外の時間だというのです。圧倒的に晴れや曇りの時間で、雨の降っている時間などというのは以外なほど少ない時間ということになります。
雨に対する意識が変われば現実が変化するのではと期待しています。雨は自分にとっていいもの、これから良い方向に向っていくものと思い続けるわけです。
きっと雨に対する見方までもが変わってくると思います。
そう総ての物事を善意に受け止めることができるのではと思うわけです。なかなか難しいことなのかもしれませんが。
「雨もまたいいもの!」
いつもコメント感謝申し上げます。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ