風の森通信 第660号


卯の花


     夏は来ぬ
               
  卯の花の匂う垣根に
  時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
  忍び音(ね)もらす夏は来ぬ

 歌詞は歌人佐々木信綱によるものです。
この歌詞の中にでてくる忍び音とは、一般的にはひそひそ声や小声のことをいいますが、ここではホトトギスの初音のことを指しています。鳴きだしたばかりで、遠慮しながら小さな声で鳴いているのが忍び音。
ちょうど庭では卯の花が咲きだしてきましたので、あとはホトトギスが飛んで来てくれればもうすぐ夏でございます。

仙台では卯の花のことを「空木(うつぎ)」とも呼んでいます。
庭に咲いているのは正式には「梅花空木」と呼ばれるものです。
真っ白い花弁が4枚だけですが、ほわっと咲いている姿が私は好きです。
穏やかな表情もいいですね。
白く清楚なイメージを梅に、空木に似た姿からこの名が付いたのでしょう。
この季節は白い花がよく目に付くもので、空木のほかにも白薔薇やヤマボウシなどの白い花がそちらこちらに咲いています。
晴れた青空に白い花はよく似合います。
曇った空にあっては、白い花の辺りが明るくなっているようで近寄ってみたくなります。
雨にあたって濡れた風情もまたいいものです。
茶箱点前に「卯の花点前」というものがあります。
どれ、明日にでもまた茶箱を出してみることにいたしましょう。

 今日のお稽古は台子後炭手前、行之行台子そして台子薄茶点前。
来週は且座の式と齋藤先生より予告がありました。
どんなお役目にあたるのか今から楽しみでございます。


■少し大きい写真はこちらから
  http://www18.ocn.ne.jp/~kaze001/cameraeye2.htm


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

卯木は、枝が空洞で、花が白から赤に変わって行く花しかしりませんでした。
こちらではこの卯木しか見たことがないのですよね。

うの花は白い小さな花が房になって咲くいい香りがしますね。

梅花卯木の花は目にまぶしいくらいの白さでなんだか恥ずかしくなります。

今日のお稽古は暑くはありませんでしたか。
千葉は蒸し暑くて、不快指数があがりっぱなしでした。

白さがいいですね~

★さちりんさま
 こちらで咲いているのは「梅花空木」
その白さに見惚れてしまいます。
香りはあまりしませんが、梅雨空に白い花はとても印象的です。
今度の休みのときに、もっと白い花が咲いているのか庭を探してみたいと思います。
いつもコメント感謝申し上げます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ