風の森通信 第667号


菓子器の図案

 

 秋の茶事に向けて少しずつ道具が揃ってきています。
でもまだ菓子器がなかったので、「風の森」のイメージを図案を描いて先日六華窯の岩井先生に製作のお願いに行ってきました。
東京や仙台での個展に向けお忙しい時期とのことでしたが、何とか作っていただけることになりました。
形を斬新なものにともお願いをしてきました。
どんな菓子器が出来あがってくるのか今から楽しみです。

 今日から所要によりしばらく留守にいたします。
次回の日記は7月29日あたりでしょうか。
ではでは・・・


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです!

六華窯の岩井先生のブルーで、「風の森」ですか?!
岩井先生の作品は、写真でしか見たことがないのですが、大好きです。深い深い宇宙を感じさせる~青・蒼・緑・翠・碧~どの文字を使えば良いのか?~~~
岩井ブルーのお菓子器と、お茶事・・・楽しみです。

風が優しく吹き抜ける様な森のイメージ。

静かに、優しく迷い込んだ人たちを包み込むような。

色もいつもながらのブルーでさわやかですね。

どんな器 が出来上がるかわくわくの日々ですね。

ではお気をつけて、いってらっしゃいませ。

風の森のイメージにぴったりですね。
本当に素敵です。
構図と言い、色遣いと言い、本当に素敵です。
一瞬、東山魁夷の白馬の森と重なりました。私の大好きな絵なのです。

菓子器が出来上がるのが楽しみですね。
また写真をアップしてくださいね。
楽しみにしています。

岩井ブルー

★YANさま
 岩井ブルーはまさに神秘的な色。
その「深い宇宙を感じさせてくれる青」で出来る菓子器が本当に楽しみです。
秋に予定しているお茶事で使う予定ですので今から楽しみでございます。
返信が遅れました事お詫び申し上げます。

風吹き抜ける!

★さちりんさま
 ごぶさたしておりました。
返信が遅れました事お詫び申し上げます。
そう私が原案として描いたのは、爽やかな風が吹きぬける森のイメージです。周囲が濃紺で囲まれ、そこにある木々の間にブルーの風が吹き渡る。
主菓子をとればそこには風の森が浮き出てくる・・・そんなことを思いながら描いてみました。
どんな菓子器として岩井先生からいただけるのか、今から楽しみにしているところです。
いつもコメント感謝申し上げます。

楽しみが増えました!

★はるさま
 この原画は、一枚のハガキに水彩絵の具で描いてみました。
実際に使ったのは紺色と緑の2色だけです。
最初は紺色だけでやってみましたが、全体的に白の部分が多くなるので、あえて緑の色を加えたものです。
実際の器にはどのように表現されるのか楽しみです。
岩井先生からは数枚作ってみるということでしたので、その中には意中の菓子器があると信じています。
ドキドキしますね~
白馬の森は私も以前本の中で拝見したことがあります。紺色の森の中に白馬がとても印象的な作品でした。
私がお願いした菓子器には、森の中を吹き抜ける風が見えてきたら最高ですね。
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ