風の森通信 第672号


有備館まつり茶会


日時:8月7日(土) 午前10時00分~午後3時00分
場所:宮城県大崎市岩出山 有備館庭園内 松花庵
主催:茶道裏千家淡交会宮城支部 原 宗竹 氏

 有備館庭園に一歩足を入れると、そこは蝉の鳴き声だけの世界と言っても過言ではありません。茶室のある茶島の橋を渡っていくと、池の中を泳ぐ大きな鯉が池に映った人影にゆったりとついてきます。

 橋を渡り終えるとすぐに松花庵が左手に見えてきます。
四畳半のお席の東側と南側の障子が外され、部屋は明るく風も吹き抜けてゆき、自然の中にあるお茶室といったほうがいいのかもしれません。

 床     鎌田景州老師筆    満月上青山

  花     矢羽薄、桔梗、連翹、芙蓉、金水引
  花入   手付け籠
  香合   芭蕉扇      神代杉

  釜     富士釜
  水指   ギヤマン平水指

  棗     寿輪
  茶杓   積應作      銘 涼一味
  茶碗   ギヤマン
  蓋置   青竹
  建水    萩
  御茶   千木の白    小山縁詰
  菓子   芭蕉の宿    石崎家製

 庭園内では数百匹の蝉いや千匹以上のアブラ蝉が、一斉に鳴いているのではないかと思ってしまいます。
原先生のお話も蝉の鳴き声にかき消されそうです。
岩出山は芭蕉一宿の地。
お菓子の銘でそのことを知ることができました。
芭蕉はここ岩出山を発ち、鳴子の「尿前(しとまえ)の関」を目指すことになります。
汗をかきながらいただくお茶の味もまた格別、例年になく暑い今年の夏のいい思い出です。
庭園内の蝉の鳴き声がまだ耳に残っています。
そして衣擦れの音が水屋に吸い込まれて行く音も。
 夜になると灯篭流しが庭園内の池で行なわれます。
月は池の対岸にある城山の上で輝いてくれるに違いありません。

 岩出山からの帰り道、古川の菓子処「一心堂」に立ち寄り「あんだま」を買ってきました。「あんだま」とはあんと黒糖を練り込み、きめ細かい口あたりと表面をかんてんで包んだもので、ほどよい甘さのシンプルで上品な和菓子です。薄茶の席で皆でいただきましたが黒糖の味がたまりません。
齋藤先生のお茶室にもやはり蝉の鳴き声が聞こえてきます。この季節どこに行っても蝉の鳴き声から逃れることはできません。
そしてこの暑さもまた同じこと。
今日はもう立秋でございます。

 午後からのお稽古は、久しぶりに大円之 真そして釣瓶(つるべ)を使った薄茶点前でした。



和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

蝉の声が

聞こえてきそうです。

暑い暑い道をやって来て、ホッと一息~たっぷりとしたギヤマンの水指が本当に涼しげです。

この時期の連翹・・・珍しいですね・・・。

日本広しといえども・・・

★YANさま
 こんばんは。
有備館(ゆうびかん)の茶室「松花庵」は、この季節には蝉の音しか聞こえてこない茶室といっても過言ではありません。
日本広しといえども、これだけの蝉の鳴き声を聞けるお茶室は他にはないと思います。
ギヤマンの水指はたっぷりとしていて、蓋には庭園の木々の景色が映っていて、なんとも涼しげな光景でございました。
お花は社中の皆様方が持ち寄られたとのことで、連翹は確かにこの季節には珍しいものでした。
 岩出山は仙台から車で約一時間半ほどかかります。伊達政宗が仙台に築城する前に本拠を置き、その後は岩出山伊達家が明治時代まで支配していた城下町。
社中の方々も岩出山伊達家に関りのある方々ばかりでした。
有備館庭園そして茶室松花亭は何度でも行ってみたいところです。
コメントありがとうございました。

こんなに涼しげなお茶室は初めて拝見しました。
蝉の声、緑のさざめき、そんな自然の中でのお手前はさぞかし気持ち良いものでしょうね。

家で聞く蝉の声にはいささか閉口しておりますが。。。だって暑さが倍増する声なんですもの(^^;)

どんなに暑かろうが。

★さちりんさま
 こんばんは。
風が通り抜け蝉の鳴き声が降り注いでも、お点前をされる方の凛として立ち居ふるまいが美しく、ついそのしなやかな手の動きに見入っておりました。
もてなしていただける手所作に心安らぎ集中できる時間はいいものです。おいしいお茶とともにこの暑さや蝉の声が心に残ります。
 そろそろ蝉の鳴き声も少なくなってまいりました。
今夜あたりから台風4号の影響が出てきそうでございます。
いつもコメント感謝申し上げます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ