風の森通信 第678号


「カノン」
 

 「カノン」の曲名を聞いても知らないと言われる方でも、実際に「カノン」の曲を聴いてもらえば、ほとんどの方が聞き覚えのある曲と答えが返ってくるはずです。
中学校の音楽の時間にクラシック音楽の入門曲として取り上げられたり、卒業式や結婚披露宴のような厳粛な雰囲気や喜びを表わす場でBGMとしてよく流れています。
カノンという言葉は曲の形式を表す言葉です。その特徴としては先に出てきた旋律を後から追いかけていくものです。
いわゆる輪唱にあたるわけです。
一般的に「カノン」といえば、パッヘルベルの「カノン」が広く親しまれています。
「カノン」のメロディーを支えているのは決められたコードの進行。
何度繰り返されても聞き飽きることはなく、曲の流れの中に自分の身を置いているような感覚になってきます。

 今回ご紹介するのは、三野友子先生のライアー演奏の動画です。
三野先生はこれまで「ライアーのおくりもの」をはじめ多くのCDを出されています。先日YouTubeで拝見することができましたので、ブログ「風の森通信」ご講読の皆様にもご紹介させていただきます。

ライアーを膝の上に置き、まるで赤ちゃんを抱きかかえて優しく語りかけているようです。三野先生の指が弦に触れるたびに、優しく清らかな音たちがたくさん生まれてくるのです。

特に両方の手の指使いや指の運びがアップで拝見できるので、私にとって見逃すことはできません。

優しく透き通るような美しいライアーの音の響きと広がりは、驚く程曲想の広がりを見せてくれて私たちの心に直接語りかけてくれます。心癒されまるで夢の中にいるようなひとときを過ごすことができたのです。
ライアーで「カノン」を弾くことは、私の夢の一つとなりました。

では三野友子先生の「カノン」をどうぞ。
http://www.youtube.com/user/dolphin88ful#p/a/u/1/Dsf4e6fqH7c


■三野友子先生のブログ
「Sweet Leier三野友子のライアー(竪琴)大好き」
ライア-のこと、音楽のことなど、あれこれが綴られています。
写真掲載にあたりましては三野先生からご了解をいただきました。
この場をお借りし改めて御礼申し上げます。



 午後からのお稽古は、二人貴人且座そして三友。
来週は久しぶりに私の好きな茶箱と齋藤先生から予告がありました。
そして明日は茶道裏千家淡交会宮城支部の臨時総会。
支部の先生方とお会いできますこと楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです

最初音が出なかったので孫にパソコンを設定してもらいました。きれいな音ですね。冨樫さんの「カノン」必ず聞かせてください。楽しみです。みんなもびっくりするだろうな。

時間をください。

★大さま
 「カノン」はしばらく時間をいただくことになりそうです。
ライアーは私にとって今までの趣味とはまったく別のジャンルです。
それだけに驚きや発見がいっぱいあるでしょうね!
山口さんがバイオリンにチャレンジしているのと同じようなものです。でも絶対ライアーの音の方がいいと思うのですが・・・
いずれにしても皆が集まったら、小学校の学芸会のような時間が持てることも今から楽しみでございます。

聴きたい

穏やかな、柔らかい気持ちになれる曲で、ライアーにふさわしい曲だと思います。

お茶をいただきながら、ライアーから奏でられるカノンを聴けたら最高ですね。

ライアーにふさわしい曲。

★さちりんさま
 ライアーの音は小さくそしてそんなには早くは弾けない楽器です。ピアノとは対照的な楽器かもしれません。
だから聞いてもらえる対象は少人数・・・聴いてもらえる人は一人の時がもっともいいのかもしれません。
ゆっくりとした曲が私は好きです。
「カノン」はお茶でも飲んでもらいながら、ゆっくり聴いてもらえる楽器そして曲でございます。
いつもコメント感謝申し上げます。

ライアーの響き

ライアーという楽器の存在は、富樫様のブログを読ませて頂いてから初めて知った楽器です。
古くからある楽器なのでしょう?

早速、YouTubeで聴かせて頂きました。
弦の響きがとっても素敵ですね。
カノンの良さが表れる楽器ですね。

三野友子さんのHPも見せて頂きました。
東京都出身の方なのですね。
日本各地に素敵な音楽を届けていらっしゃるのですね。
機会があったら、なまを聴きに行きたいと思います。

清らかで優しい音色です!

★はるさま
 おはようございます。
残暑が続いておりますが、お変わりございませんか?
ライアーは、ギリシャ神話の中でアポロンが竪琴を持っているシンプルな竪琴が起源のようです。
中世ヨーロッパではハープなども演奏されるようになったりして発達してきました。
ライアーはドイツの思想家にルドルフ・シュタイナ-というひとによって提唱された「シュタイナ-教育」の中で現代にマッチした竪琴を再現しようと、試行錯誤を繰り返して作られたのがライア-です。最初の完成品ができたのはは1926年のことですからまだ84年しかたっていないことになります。
YouTubeで三野さんの演奏をお聴きになったかと思いますが、音色は清らかで優しく誠に心地良いものです。
実際に間近で聴く音色は、もっと音が深くそして広がりのあるものです。
三野さんのHPでもコンサート情報が掲載されているはずです。また「ライアー響会」という全国組織のHPにも全国各地で開催されているコンサート情報があります。
はるさんもお近くでライアーコンサートがありましたら、是非足を運んでいただければと思います。
きっとその音色に心奪われてしまうはずです!
コメント誠にありがとうございました。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ