風の森通信 第687号


茶事を終えて

 

 茶事終えて菓子器丹念に包みゐる昨日のお席振り返りつつ

 買ったのは千鳥の酒と同じ酒もっと話すことあったはずだと

 美しく盛りし抹茶を崩しゆく薄茶の席の吾の楽しみ

 沈香と金木犀の香るとき初めての茶事想いおこせよ

 恋よりもやっかいものの茶道かも八年経てもまだ好いている

 
                       H 22.10.04 冨樫 通明


 昨日は私にとって茶名披露、華甲の祝いそして初茶事と、一度に三つの理由をつけてのお席になりました。
少し欲張りすぎたかもしれません。
去年から温めてきた一生に一度、寅年に行なう区切りのお茶事として取り組んできたものです。
仙台市太白区にある懐石料理店 「東洋館」 さんの六畳のお茶室をお借りして行ないました。

 お客様は齋藤宗紀先生、高橋さん、武田さんそして山形からは金澤さん。半東には同じ和の学校仙台分校の中森先生にお願いをしました。
亭主を務めさせていただいた四時間はあっという間に過ぎ、いつのまにか終わっていたというのが率直な感想です。
初めての茶事とはこのようなものなのでしょうか。
お道具はこれまで皆様から頂いたお道具や、母から引継いだお道具、和の学校を通して新しく取り揃えたお道具などを使ってみました。お菓子も京都の和の学校から届けていただいたものや、六華窯を通して知り合った東北福祉大学の権先生からいただいた菊茶を、汲出しに使わせていただき季節のおもてなしをすることができました。
これまでいろいろな方々に力をいただいたからこそできた私だけのお茶事です。
この場をお借りし改めて皆様方に御礼申し上げます。

 友人から言われました「あんたは昔、大きなお寺で茶坊主としてお茶やっていたのと違う?」
あたっているような気がいたします。
もう一人お茶の先生から言われました。
「裃付けてちょんまげつけてお点前していたのと違うんか?」
ん~裃は何かの見間違いで、ちょんまげはないと思うけど。

 昨日のお茶事は一生の思い出になりました。
金木犀の香りや沈香の香りに包まれたとき、私の初めてのお茶事を思い出すことになりそうです。

お茶事のご報告


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

初めてのお茶事無事に終わってホッと
していることでしょう・・おめでとうございます。茶名披露・華甲のお祝い重ね重ね
おめでとうございます。
私より4歳年下の弟?ですね。

まずはおめでとうございます。お祝いが重なったお心入れのお茶事、無事終えられてホッとしているところでしょうか?!それとも色々なことを思い起されてもう一度楽しまれているところでしょうか?!ご報告、楽しみにしています。
すっかりご無沙汰しています。ちょっとバタバタとしているうちに、すっかり寒くなってきました。

まずは・・

無事お茶事を終えられた由、おめでとうございます。
思いの込められたお和歌5首
特に最後のお和歌、富樫様の思いがひしひしと・・

私ごとですが、連れ合いも今年還暦、寅年でございます。
まったく風雅を解さない御仁なので・・

まずは一言お祝い申し上げます。

良き日おめでとうございました。

5年後も,10年後も、恋をしていられる事と思います。
真剣になっただけ,裏切られる事なく、すばらしいお茶席を設けられることでしょうね。

まずは無事、つつがなく終わられたこと、おめでとうございます。

おめでとうございます

大きなお仕事の後の達成感と安堵感でお幸せなお気持ちだと拝察いたします。

炭の音、香り、色・・・・、金木犀の香りと共に忘れられない事と存じます。きっと、お招きされたお客様も・・・。
後日のご報告、楽しみにしております。

おめでとうございます

無事、初お茶事を終えられたとの事、おめでとうございます

これから、ますます楽しくなりそうですね(^-^)

金木犀、こちらでもよい香りを漂わせてます。

おめでとうございます。

お祝いが重なって、お亭主をなさりながらのお茶事の時間だけでは、語り尽くせない想いが沢山おありになったでしょうね。

…8年経てもまだ好いている

きっと、一生この恋は冷めることがないと思います。
楽しみですね。

ありがとうございます。

★ハンナさま
 こんばんは。
四日以降は仕事に集中していて、返信が遅れましたことお詫び申し上げます。
お茶事が終り、今年の私の大きな目標も一つクリアです。こうして予定していたことが一つ一つ片付いてくると、そのたびになぜかほっとするものです。
「区切り」がついたということになるのでしょうか。
今年の残りの予定の確認をしなくてはなりません!できるだけ残り物がないよう客観的にみていきたいと思っています。
さてと次は!
ハンナさまは私より4歳年上のお姉さまなのですね~
コメント感謝申し上げます。

終わってはみたものの!

★popyu さま
 お茶事が終わってみたものの、結果として思うようにはいかなかったと感じています。
どうしてでしょうか?あんなに集中して取り組んだというのに、満足の得られるものではなかったわけです。
反省点がいっぱい見つかってノートに書き込んでみました。次回の参考にしようと思います。
でも、最初ということで勘弁してもらいましょう。
 足が翌日になって痛んできました、運動不足を特に痛感しています。
コメント誠にありがとうございます。

最後の一首

★ハレのはは さま
 こんばんは。
最後の一首が自分の今の心境のような気がいたします。
そんなやっかいものが好きになってしまいました。死ぬまで私にとってやっかいものの筆頭として、茶道はきっとあるのでしょうね~
しばらく経てば、お道具も少し集まっていたりして、また理由をつけて「お茶事をやりたい」と思うようになるものなのでしょうか?
お教え願います。
コメント感謝申し上げます。

少しへこんで!

★YANさま
 初めてのお茶事は思ったものよりも難儀なものでした。
達成感や安堵感もあるのでしょうが、それ以上に不満足であったという点がたくさんあって、少しへこんでいるところです。
疲労感や焦燥感が残っているとでもいったらいいかもしれません。
なんでそうなったのか、きちんと文字にして残して次に繋げていきたいと思っています。
でも一つ印象的だったのは、やはり香りがいろいろな場面にあったのではと思っています。そんな楽しかったことも少しでも数えていきたいと思います。
コメント誠にありがとうございます。

これからもずっと・・・

★さちりんさま
 こんばんは。
そうですね~
5年後も10年後も、きっとまたお茶を続けている自分を想像しています。
最初のお茶事はこうだったと笑いながら話せる自分でありたいものです。
いつもコメント感謝申し上げます。

この季節になると!

★ひっこりさま
 コメント感謝申し上げます。
お変わりございませんか?
金木犀の花が咲く頃、私のお茶事は終わりました。
その金木犀の香りに接するだけで、最初のお茶事があったことをずっと思い出すに違いありません。
香りの存在とともにあるお茶もまたいいものです。
金木犀の香り、菊の香り、炭の香り、お茶の香り・・・
そんな季節の香りたちにいつも囲まれていたいものです。

求め続けるもの!!

★まりぃさま
 こんばんは。
まだ慣れていなかったということもあるのでしょうが、間のとり方がうまく出来なかったというのが本音です。
やはり三人のお客様が本来の姿なのでしょうか。思っていたことの半分も表現できないものだということも知りました。

>きっと、一生この恋は冷めることがないと思います。

恋焦がれる・・・そんな立場や意気込みで追い求めていたきいと思っています。
次の機会もきっとそんなに遠くない日に訪れるのでしょうか?
楽しみでございます。
コメント感謝申し上げます。

御茶というより短歌としてのブログを拝見しました。還暦を記念しての御茶事のようですが、三首目と五首目の歌を面白く拝見させてもらいました。三首目は流れの中の瞬間の愉しさ、そして五首目は八年という長さの中で冨樫さんの心の動きが面白く表現されているように思います。御茶をやっている人だけが出来る短歌なのでしょう。こちらはなかなか外に出る機会がなくなってきました。しばらく会っていませんがたまには福島にも寄ってください。

ありがとうございます。

★大さま
 こんばんは。
三首目そして最後の歌もやはりお茶をしていたからこそできた短歌です。
棗に入った抹茶を、子供の頃の砂山崩しにも似た感じで茶杓ですくっています。お客様がお茶を飲み終えてから、お道具の拝見ということで抹茶の崩れ具合も見られてしまうので注意しながら抹茶の山を丁寧に崩していくわけです。
最後の一首目はやはり多くの方からメールで感想をいただいております。やっかいものの茶道であるといいながら、それをまた楽しんでいる自分です。
まるで叶わぬ恋の相手のようにも思えてくるわけです。まだ八年・・・いやもう八年が経ってしまいましたがまだ口説け落とせません。
年内には牛タンでも買って一度お伺いしたいと思います。
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ