風の森通信 第690号


大学祭参加茶会


■日時:平成22年10月11日(月・祝)
■場所:東北薬科大学 中央棟1階ロビー
■主催:東北薬科大学明朋部茶道班

短冊  萬年山極楽寺 西垣宗興和尚筆  竹有上下節

  花    白水引  菊
  花入  歌花筒

  釜    棗形
  水指  青磁
  薄器  平棗 高台寺蒔絵
  茶碗  色絵四君子
   替   青海波松竹梅文
  茶杓  西垣大道和尚作  銘 深山路 
  蓋置  織部七宝透
  建水  曲
  御茶  宮城の白         大正園詰
  菓子  まこと            甘仙堂製
   器   青交趾菓子器
 
 花入に入っていた菊は、もってのほかという大変珍しいものでした。もってのほかという菊は食用にもなる菊で今が食べ頃でしょうか。こうして花入に入っているのを見ているだけでも、秋の光景や味や食感まで想像することが出来たのです。
 お点前をされたのは一年生そして半東は二年生が担当されたようです。

特に一年生は今回のお席がお点前デビューとのこと、短期間で先生や先輩たちから指導を受けられ、間違いもなく堂々としたものでした。
お菓子の銘の「まこと」は二年生が菊の花言葉の誠実からとられたとか。

お菓子の銘までいろいろと考えられ、誠心誠意お客様に尽くすということで取り組まれたようです。
お道具も秋を感じさせるものがたくさん並びました。
その中でも水指の青磁の色の深さと、替茶碗の青海波そして青交趾菓子器の鮮やかな色がとても印象に残りました。
私がいただいたお茶碗は、薬科大学と銘が入ったお茶碗でした。
お道具の説明を伺っていると、これまで茶道部で活躍され卒業されていった先輩たちから、寄贈されたお道具がたくさんあることを知ることができました。
お茶碗もその一つのようです。
お道具だけでなく、精神としての茶道がこうして後輩たちに引き継がれているのは誠に嬉しいことです。

静かな空間で、他のお客様方と一緒に秋のひとときを楽しく過ごすことができました。
御茶おいしゅうございました。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

いつも味わい深く拝見しております。

実は数年前からこちらのブログの密かなファンでしたが、今日わたしもたまたま薬科大に行っておりまして(夕刻でしたのでほとんどのお店は終了していました)
もしかしたらお会い出来たのかも・・・というニアミスにどきどきしまして思わずコメントしてしまった次第です。

もう少し余裕が出来ましたらお茶を始めたいと思っています。
これからも素敵な記事を楽しみにしております。

こんばんは!

★ちょこっとさま
 はじめまして。
「風の森通信」をご講読いただきまして誠にありがとうございます。
拙い文章や写真なので、私の伝えたいことがどれほど表現されているか、甚だ疑問ではありますがお読みいただき恐縮です。
私が薬科大に伺ったのは午後1時近くだったでしょうか、その頃はまだ中央棟の前はまだ多くの学生たちでにぎわっておりました。
私がもう少し遅い時間に伺えば、ちょこっとさんにもお会いできたかもしれません。
いずれ和の学校仙台分校の「お茶を楽しむ会」で、例会としてこれからもお茶会への参加を企画してまいりますので、是非ご参加をいただければと思います。
輪王寺や瑞鳳寺での月釜もよいのですが、市民茶会などは気軽に入りやすいものです。
その時は是非ご一緒に席入できればと楽しみにしております。
ちょこっとさんもまたお稽古も始められ、お茶を楽しみそして季節も楽しんでいただきたいと思います。
「風の森通信」どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
コメント感謝申し上げます。

ピ~ンと

引き締まった学生さん達のご様子が、写真からも伝わって参ります。
伝統が受け継がれていく・・・本当に嬉しいことです。

嬉しいことです。

★YAN さま
 真剣にお点前をされていた男性部員。
半東さんがその背後からお点前の流れを注意深く見守りながらも、お客様からの問いに丁寧に答えていただいてぴーんと張り詰めた空気が流れていました。
ご亭主の一つ一つの所作や半東さんのお話にみんなが食い入るように拝見したり聞いているわけです。
現代の生活の中で、このような空気に出会える機会が少なくなってまいりました。
でもお茶をいただいた後、お道具の拝見の時には会話が弾み、お客様の顔に笑みがこぼれます。
そんなひとときを学生部員の皆様方と一緒に共有できることこそ、このお席の持つ素晴らしいところだと思っています。
真摯に取り組んでいる学生部員たち、それを見守り私たちお客様。とても素敵な関係でのお席で来年も楽しみでございます。
コメント感謝申し上げます。

写真を拝見していると、お客様と御茶を点てている学生や御茶を差し上げている学生さんとの間の緊張感が出ていて面白いですね。こちらまでその雰囲気がよく伝わってきます。今朝パソコンを立ち上げてまとめて見ました。冨樫さんはよく続いていますね感心です。次のブログも楽しみにしています。

見守ること・・・

★大さま
 写真だけでその緊張感を感じていただけるのは嬉しいことです。
お点前をされていた男子部員の方が、ゆっくりそして丁寧にお点前をやっていただいたものですから、お客様の私たちが、お茶がたつまでの間ず~っとその所作を見守っていたことになります。
私自身も男子部員に成りきって、その所作を頭の中で一緒にやっていくわけです。お茶をいただく立場の私もお点前を自分がしているようにもできるというのも、お茶だからこその楽しみ方の一つかもしれません。
お茶もそしてお菓子もおいしものでした。
コメント感謝申し上げます。

初々しい茶会ですね。

見ていて、気持ちが良いです。

真剣でした!

★ムッチャンさま
 まだ数ヶ月しかお稽古をしていない一年生の部員の方がお点前をされ、ましてや二十人近くのお客様を前にしてではさすがに緊張したでしょうね~!
でもそこは大学生、お点前を間違えずにされておりたいしたものです。
真剣な眼差しが今でも忘れられません。
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ