風の森通信 第698号


しばた茶会


■日時:平成22年11月3日(日)
■場所:しばたの郷土館内 如心庵
■席主:柴田町茶会運営委員会

・濃茶席  表千家 伊藤 宗竹 氏

 床  長谷川寛州和尚筆  葉雨

 花     西王母、壇香梅
 花入   伊賀


 菓子   貴鳥



 花入に今年の秋が入れられてひんやりとした客待つ茶室

 お茶室に「葉雨」のお軸荘られて一気に木枯らし吹くやも知れず

 檀紅梅照り葉一枚花入に猛暑に耐えて生きいしものを

                           H.22.11.3 冨樫 通明




・立礼席  裏千家 猪股 宗鶴 氏

床    前田昌道和尚筆 短冊 紅葉満山川
 花  
 花入  歌花筒

 棚     御園
 釜     富士釜
 水指   吉祥文
 薄器   楓蒔絵 平
 茶杓   陵雲老師作 銘 紅葉狩
 茶碗   唐津 
   替   菊の絵
  蓋置  一葉
 建水   萩 菊彫
 御茶   青松の白
 菓子





和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

今回は三句のご披露ですね。個人的には照り葉の句が好きです。

紅葉も、お花も、棗も、鳥のお菓子もみんなお手前の席を引き立ててくれていますね。

秋の風情の中でのお手前葉、拝見しているこちらの心も豊かにしてくれるようです。

照り葉

★さちりんさま
 こんばんは。
照り葉の歌を気に入ってもらってありがとうございます。
暑かったこの夏を乗り越えてきて、今まさに紅葉の季節。何か人の生き方を見ているようでなりませんでした。
こうしてまた私たちが席に入って拝見できることのありがたさ。
お茶室では唯一生きているのはお花だけです。そんな照り葉や花たちを丁寧に見てあげて、優しく声を掛けてやりたくなってくるわけです。
自分の心も安らかにそして優しくなっていくのが分かるのです。
いつもコメント感謝申し上げます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ