風の森通信 第699号


炉開き



 今日は齋藤社中の炉開きです。
仙台は天気にも恵まれ、最高気温も十七度と腰掛待合は小春日和。

 床   松長剛山老師筆  響

台目棚を使って初炭と後炭手前は齋藤先生、濃茶は木曜日お稽古班の高橋(美)先輩そして薄茶は高橋(良)先輩。
正客は土曜日お稽古班の武田さん、次客は初めてのお茶事挑戦の村上さん、そして私はお詰として席入させていただきました。
主菓子として先生がご準備していただいたのは亥の子餅(いのこもち)。

亥の子餅は古来から亥の月の亥の日の亥の刻に食したことが始まりで、猪にあやかり亥の子餅を食べ火災の厄除け、子孫繁栄を願うお菓子と齋藤先生よりご紹介がありました。
品のある甘さともちもち感がたまりません。
菓子器は六華窯岩井先生の彩華金彩鉢で、きれい侘びを感じさせてくれる作品でした。
こうして今年の炉開きも無事終えて、次回のお稽古からまた炉でのお点前がスタートいたします。

 明日は立冬。
輪王寺では月釜があり佐々木宗孝先生のお席です。
先生はお香の先生でもありますので、どんなお席になるのでしょうか。
輪王寺月釜の後は、三越仙台店で開催されている「大京都展」の添釜にも伺う予定です。
既に十一月四日から、茶道裏千家淡交会宮城支部の先生方により釜が掛けられているもので、本日のお席は半澤宗房先生。
こちらも楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ