風の森通信 第700号


仙台に秋



     白菊の帯の茶人と紅葉の帯の茶人で仙台に秋

                       H.22.11.07 冨樫 通明 

 仙台市青葉区北山輪王寺半杓庵。
今日が立冬とはいえ温かな一日でした。
腰掛待合を南側から見ると紅葉のいい眺めです。

 輪王寺の寄付の部屋が私のお気に入りです。
とても心が落ち着きます。
二人の先生が床の前に座っているのも絵になっていていいものです。

今日は御家流のお香の先生のお席とあって、皆様が帯にまで気を使われていたとは知りませんでした。
さすが女性のお茶人さんたちです。
仙台も秋本番となりました。


 今日の月釜は淡交会宮城支部佐々木宗孝先生のお席です。  

・待合床

  三條西尭山筆 (白菊証歌)

   類ありと誰かはいわん末匂う秋よりのちの白菊の花

・本席床 
 
  藤原公秀筆 社頭祝歌

   君のみやくにて知るらん岩清水清き流れの千代のゆく末

    花      西王母、錦木
    花入    古銅 龍耳
    香合    宝珠 時代 織部
    水指    瀬戸
    茶入    瀬戸肩衝  建仁寺益州 銘 松島
    茶杓    空中光甫作
    茶碗    伊羅保
      替      熊川(こもがい)
    御茶    瑞仙の昔       井ヶ田園詰
    菓子    初霜          森ノ香本舗製
      器     青磁 伊万里

 本席では鎌倉時代の歌人の和歌を拝見できるとは思いもよらなかったこと。こんなこともありますので月釜はやはり外せません。
濃茶席そして薄茶席ともとてもいい香りがしておりました。
お香を聞いているうちに、香銘を聞いてくるのをすっかり忘れておりました。

 輪王寺を後にして向ったのが三越仙台店。
「大京都展」で添釜があり伺ってまいりました。
本館七階アートギャラリーで釜を掛けられていたのは淡交会宮城支部半澤宗房先生。こちらのお席でも今年の秋を満喫することができたのです。
謝茶でございます。
 

和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

こちらでは以前はよくデパートなどで添釜を見かけましたが最近は見かけなくなってしまいました。

この様な場所で秋を満喫出来るのもよろしいですね。

富樫さんは何かお買い求めになられましたか? お道具も際限なく欲しくなるのでは?

添釜

★さちりんさま
 こんばんは。
仙台ではいろいろなデパートで「京都展」や「金沢展」などが開催される度に添釜があります。
他に陶芸作家さんの個展の時などもあったり、流派も数が多いため美術館や博物館などでもよく見かけることができます。
最近では「ワークショップ」としてお茶を体験するコーナーなども見かけるようになってまいりました。
 お道具を拝見していると際限がありませんので、私の場合は次のお茶事に向けたお道具を揃えてまいりたいと思います。
いつもコメント感謝申し上げます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ