風の森通信 第703号


玄猪包(げんちょづつみ)



 先日、和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」第58回例会で、山形市中心部にある清風荘宝紅庵に伺ってきました。
裏千家の高内宗睦先生のお席でした。
待合に入ると棚に玄猪包が飾られていました。

陰暦の十月は、北斗七星が亥の方角に向うのことから亥月といわれています。亥月の亥の日そして亥の刻にお餅を食すれば万病を防ぐとともに、猪(いのしし)が多産であることからそれにあやかり子孫繁栄を祈ったといわれてきました。
天皇をはじめ天上人たちが臼を袖で覆い、その内側で新穀の餅をつき、宮中人は畳紙(たとうし)にその餅を包んで持ち帰ったと伝えられています。その包んだものが玄猪包みで、官職の高低により下賜(かし)される餅の色は胡麻(黒)、小豆(赤)、粟(白)や、包み紙の仕様などの厳格な決まり事があったようです。

月の初めの亥の日には菊の葉を、二の亥の日には紅葉の葉を、三の亥の日には銀杏の葉を挟むなど、季節のものが添えられ床しい賜り物といえましょう。
十一月一日、京都では「いのしし神社」として親しまれている護王神社(ごおうじんじゃ)で、今年も亥子祭(いのこさい)が行われました。
「おつき式」では宮司が聖上(せいじょう)に、祭員が殿上人(てんじょうびと)に扮し、一般から公募した奉仕女房五人が拝殿で優雅な儀式を繰り広げていきます。

   聖上     「神奈月時雨のあめのあしごとに
                我がおもふことかなへつくつく」
   殿上人    「いのちつくつかさ」
   奉仕女房  「いのちつくさいわい」

 また亥は陰陽五行説では水性に当たり火難を逃れるという信仰があり、茶道の各流派では亥の日に「炉開き」をする慣わしになっています。昔から亥の日に炉開きをし火を使っても安全であるといわれてきたわけです。
齋藤社中では十一月六日に炉開きが行なわれました。
わが家でも九日の亥の日に掘り炬燵を入れました。
明日は亥の子餅でも買ってきて、お薄を自服してみたいと思っています。

 
 今日のお稽古は初炭手前、丸卓を使った貴人清次濃茶そして貴人点薄茶でした。
練香は彩雲、気品ある香りでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

包み方にも決まり事があるのでしょうね。綺麗な線が出ていて、開いてみたいような、そのままにしておきたいような。。。

掘りごたつもきちんと亥の日に入れたのですね。我が家のこたつは掘りごたつ風で、電気炬燵です。

情緒も決まり事もあったものではありません。i-201

包み方!

★さちりんさま
 いろいろな包み方や結び方があるものです。
それで官職の高低が分かったり、餅の色でもそれが分かったり。昔は大変だったのでしょうね!
 ごめんなさい・・・私の家の掘り炬燵も電気のものでございます~ (^^ゞ
掘り炬燵は勉強机と同じでいろいろ広げては楽しんだり、食べたり飲んだりするにはいいですね~!
ごろんと横になればうたた寝もできるし・・・
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ