風の森通信 第714号


「日本の包み文化にみる行動美学~折形(おりがた)」


タピ大オープン講座のご案内

  ■日  時 : 平成23年1月11日(火)
                午後7時00分~8時00分
  ■場 所 : 仙台市泉区寺岡タピオ
                南館1階 パークタウンスタイル
                タピオ館立オープン大学
  ■受講料 : 無料   (材料費は別に300円)
  ■講  師 : 佐藤 美枝 氏
           ・和の学校仙台分校「つながる、、結び」講師
           ・ラッピング協会東北地区専任講師
           ・風呂敷研究会会員
           ・アールズアフェア代表取締役

年の初めに使える おもてなしのORIGATA
佐藤先生よりコメントをいただきました。

 折形は日本で「折形礼法」として何百年も受け継がれてきたものです。
たった一枚の紙が折りなす文化。
自分の心を伝える手段になりえる一枚の紙の持つ可能性。
日本の文化として受け継がれてきた折形を、現代の多くの世代の方々とわかちあうことが出来たらどんなにか楽しいことでしょう。
紙だけあれば道具もさほど必要はありません。
折形は子育てにもつながっているし、世代間を埋める手段にもなります。
手さえ動けばベットの上でも楽しめます。
 私が提案させていただく折形は、伝統を守りながらも現代に通じる折りを取り入れながら、自由にはためく紙たちをご紹介させていただきます。
夢中になって紙を折って遊んだ幼い日を思い出しながら・・・
そんなことをまた皆様に楽しんでいただくことができたらと思っています。
会場では皆様方にも実際に折っていただきます。

■「毎日の折々・・・・」
   http://ameblo.jp/tutumi-bunnka/
■問い合せ 
  ・タピオ館オープン大学事務局
     (fmいずみ内) ℡  022-375-8808 
  ・和の学校仙台分校
     冨樫 通明   ℡  050-3623-8784

多くの皆様の参加をお待ちしております。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

参加は出来ないけれど

v-356日本文化のひとつですね。
私はティッシュケースの代わりに風呂敷で包んで使っていますが、友達に好評です。

いつでしたか、お酒の瓶を包んで、持った瞬間に転げ落ちてしまいました(これは失敗)

富樫さん、教わったら、私に教えてくださいね。

楽しみです。

★さちりんさま
 おはようございます。
今朝の仙台は昨夜からの雪でうっすら雪が積もりました。
白銀の世界もまたいいものです。
 折形・・・一枚の紙が折りなす日本の文化。
自分の心を伝える手段になりえる一枚の紙の持つ可能性が楽しみです。
その一つとして私が楽しみにしているのに祝儀袋があるでしょうか。
楽しく学んできたいと思います。
さちりんさんにもお教えてきるものがあったらまたご報告申し上げます。
いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ