風の森通信 第729号


主菓子(おもがし)の銘



 半杓のお湯を茶釜に戻しつつお菓子の銘の言葉を探す

                          H.23.2.26  冨樫 通明


 昨日のお稽古も広間のお茶室。
広間にはお雛様が飾られていました。

六段目には嫁入り道具の一つである台子もあって、中には小さなお茶のお道具がきちんと並べられています。
一つ一つのお道具を目で追っていくのも楽しいものです。

齋藤先生はこうして毎年七段飾りのお雛様を飾ってくれるのです。

 今回は大炉を使った後炭手前、内海茶入での濃茶そして筒茶碗での薄茶のお稽古でした。
齋藤宗紀先生にご準備いただいた主菓子はひちぎりです。
お点前をする人は、必ず季節にあったお菓子の銘を言わなくてはなりません。
お濃茶を練りながらいろいろと思案いたします。
練ってからお湯をまた追加し、半杓の湯をまた釜に戻す頃ふっと思いつくものです。

「さきほどはお菓子も大変おいしくちょうだいしました。ご銘は?」
「芽生えと申します」
「ご製は?」
「玉澤でございます」
「もうすぐ春ですね、芽生えたばかりの緑の色がとてもきれいでした」

正客の方もいただいたお菓子の感想を述べなくてはなりません。
季節の言葉を思い巡らすのは楽しいものです。
来月からはまた四畳半のお茶室に戻り、一年ぶりに釣釜のお稽古になります。
こうしてお点前やお道具も、季節にあわせたものが使われるのはお茶の楽しみの一つでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

確か去年もおひな様の写真を見せて頂いた記憶があります。

おひな様を出して飾るのは一手間で大変です。
人様の手間暇掛けたおひな様を見せて頂きありがとうございます。

大切にする心

★さちりんさま
 こんばんは。
たぶん私のこのブログでは、齋藤先生の広間のお茶室に飾られているお雛様を、毎年話題にして書き込んでいると思います。
大炉のお稽古がはじまる2月に入る頃からいつもこうして拝見できるわけです。
なかなか見る機会のなくなってきた私にとっては大変ありがたいことです。齋藤先生もご主人様と一緒に時間をかけて飾り付けをされているとお聞きしました。一体一体丁寧に扱いながらの飾り付け。人形たちを大事に扱っているお姿が容易に想像できます。そして私たちが毎年こうしてこの季節なると必ず出会えるわけですから。
季節を感じそして昔を懐かしみ、明るい笑い声がする空間でゆっくりお雛様を見ながらお茶をいただくことができる時間はとても貴重なことです。
これからもずっとこの季節に出会えることを楽しみにしています。また来年のブログにもまたお雛様のことを書くことになるかと思います。
いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ