風の森通信 第731号


デルフトブルー水指 「和蘭」


 これほどまでにすっきりした水指に出会ったことはありません。
この藍色はロイヤルデルフトと呼べるに相応しい色合いです。
そしてモダンな図案に私の目は釘付けです。

仙台市青葉区北山輪王寺で開催された月釜薄茶席、席主は茶道裏千家淡交会宮城支部の小池宗昌先生。
山雲棚に荘ってあった水指「和蘭」はデルフト窯造。

小池先生はこの季節にどうしてもこの青をつかってみたかったとのこと。
伊万里の他にペルシャの陶器の影響もあったのでしょうか。
これまでの染付けとはまったく違った藍色に、心が冴え渡り研ぎ澄まされていくような感じさえいたします。
このような美しい藍に出会えたのは私にとって初めてのこと。
濃淡の違いによる奥深さが、よりデルフトブルーの魅力をひき立ててくれます。
ピュアな感覚とはこのような作品のことをいうのでしょうか。
この水指に一目惚れ。
もう一度会ってみたい水指です。
この作家の作品をもっと見てみたいという衝動に駆られ、オランダの街デルフトに行ってみたくなります。
改めて写真で拝見してみると、棚を取り囲む全体的な色の取り合わせがすごくおしゃれで、いつか私もこのようなお道具たちと一緒にお茶を点てることができたらと思わずにはいられません。
素晴らしいお道具との出会いの一日になりました。
月釜の詳細につきましては、改めて和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」にて例会のご報告をさせていただきます。


 
和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

何のてらいもない青。

その中に遊ぶ鳥や花。

オランダの作品という事ですが、どことなく日本的なような気がいたします。

素敵な写真有りがとうございました。

デルフトといえば…

フェルメール!今東京で展覧会やってますね。窓からの光のもたらす陰影の妙…そういえばレンブラント展も!

「もう一度会いたくなる器」「初めて出会うお道具」…それを楽しみにお茶席にいそいそと出かける冨樫さんが目に浮かびます(^-^)
早くまたブルーの水差しに「会える」といいですね!

冨樫様は・・・

ブルーに思い入れがおありなのですね。
空、水、雪、影、そして、焼き物・・・・。
冨樫様が「美しい」という「青」は、いつも周囲の空気というか、温度というか、その色の持つ「深さ」を感じます。

いつも、素敵なお写真ありがとうございます。

絵柄の楽しさ!

★さちりんさま
 おはようございます。
確かにその水指の絵は鳥や植物で絵付されています。
日本に古来からあったのは蔦や唐草文様、仙人図や羅漢図などがありました。
でもこれは幾何学的な文様ではないし一見日本的な感じさえして、オランダで作られたものとは思えないところもありますね!
この水指の魅力の一つは、鳥と植物が一どころだけでなく全体に絵が施されているので、すべてを拝見したくなってくるところにあります。
これまでの水指とは違って、今風でモダンで斬新なところと同じような言葉になってしまいましたが、そんなところに惹かれるのかもしれません。
コメント感謝申し上げます。

フェルメール展&レンブラント展

★ひっこりさま
 フェルメール展そしてレンブラント展も開催されているのでしようか。
奇遇ですね!
白と藍は光と影のようなもの。
光は影があるからこそ現れてくるもの。
フェルメールと言えば「青」そしてオランダ。
「青いターバンの少女」をはじめ、高価なラピスラズリを顔料に使って描いたウルトラマリンブルーはとても印象深いものです。彼の地元デルフトの「デルフトブルー」から影響を受けていたからかもしれませんね。
 今日は素敵なお道具との出会いの一日でした。
出会いは人だけでなく物やお道具にもあるんですね~
私がいつかやってみたい「青」をテーマとしたお茶事、私にとっては夢ですね~
その時は西さんにも和の学校仙台分校会員としてご招待申し上げたいものです。
コメント誠にありがとうございました。

青の持つ魅力

★YANさま
 おはようございます。
生まれた時から青い空や青い海ばかり見て過ごしてきました。
私にとっては「青」は一番身近な色であり一番奥深い色です。
小池先生に「この時期に使ってみたかった青」とまで云わしめたのは、万物が地中奥深くから生命の誕生という光り輝くものを、青の中の白として表現されたかったからではと思っています。
研ぎすまされた感性で、ひとつひとつ思いを込めて描かれている絵柄。その季節にあった意味のある青、そして冴えわたる青はあたりの空気まで一変していた点前座でした。
青の魅力に心奪われている私です。
さて、利休がこの水指を見たらなんといったでしょうか?!
コメントありがとうございます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ