風の森通信 第734号


忘れることのできない思い出


 今日で東日本大震災から既に三週間が過ぎました。
会社では三月十一日亡くなられた方々の訃報が何十通にもなっていました。同じ担当内でも自宅が流されたり、原発の事故で避難生活を余儀なくされている方もいます。そしてまだ行方が分からず今も家族の方々を探している友人や後輩たちが何名もいました。昨日、宮城県山元町に住む親しい先輩に電話したところ、海から三キロ程離れている自宅の庭の先が、今では海になってしまったということでした。
岩手県宮古市は若い頃に通った職場があります。福島県いわき市は十年前まで転勤で働いていたところです。宮城県気仙沼市や石巻市は最近まで仕事の関係でよく訪れていた街。そして荒浜や奥松島、新地、亘理の海岸はこれも若い時によく仲間たちと一緒に夏にはテントを張って泳いでいたものです。野蒜や相馬はよく潮干狩りに行ったところです。
テレビや新聞などでこれらの被災地の映像や写真を見る度に、東日本大震災以前の日常にはもう戻ることはできないのだと知らされます。でも今はガレキの山になって廃墟の街になったとしても、楽しかった思い出やきれいな光景を私の記憶から消し去ることはできません。
それにしても失ったものがあまりに多く、これから先は何から手をつけていけばよいのか分からなくなってしまいます。
明日のことそして一週間後のことは今は見えなくても、一年後そして十年後の長い先を考え、今を生きていくしかないようです。
生かされている命と残された命が、共に支えあって生きていかなくてはならないのだと固く信じています。
そして今回の大震災で得た教訓をもとに、きちんとしたもの作りそして守りながら次の世代に引き継いでいきたいものです。
これからの生き方は震災復興に向け、少しでもお役にたつことができるようにしていきたいと思っています。

 今日からお茶のお稽古が再開しました。
透木釜での初炭手前、大円之草そして薄茶平点前。
震災以降一度もお茶を点てることもなかった私にとって、お互いの無事を確認しあい三週間ぶりにいただくお茶は誠においしいものでした。

 お稽古が終ってから、昨年厄払いをしていただいた櫻岡大神宮に、震災からの復興を祈願するため伺ってきました。
境内の石灯籠もほとんどが倒れていたり、神殿の屋根は修理中で大きな被害を受けていたようです。
御神籤をひいたところ「大吉」
教え「生きがいは現在を精一杯に働くことから生まれる」
天のみこえ「宝といふべき玉はなくならむこまかに瑕(きず)をもとめいでなば」
大らかな気持ち今を精一杯生きていくことにいたします。
帰り道、神社の脇にある臥竜梅(がりょうばい)の脇を通ったところちょうど満開になっていました。

この梅の木は、仙台藩祖伊達政宗が文禄の役の際に朝鮮から持ち帰って仙台城に植え、明治維新後この地に移植されたものと伝えられているものです。
 花は白色一重で、幹が地にはうように曲がっている姿が竜が臥している姿を思わせることから、この名で呼ばれいます。
こんな大震災にも関わらず、季節が巡るとこうしてきれいに咲いて私たちを楽しませてくれます。

風の森通信第459号「大谷(おおや)海岸」
 透き通った青い海と白い砂浜の織り成す美しさにより環境省「快水浴場百選」にも選定されている海岸です。
海水浴場には日本一海水浴場に近い駅として知られる「JR気仙沼線大谷海岸駅」も隣接しており、駅から直接砂浜に出ることができましたが今回の大津波で跡形もなく流されてしまいました。
大好きな海岸だったのでまた行ってみたいものです。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

想像を

この3週間お過ごしのこと、どんなにか苦しいものだったのでしょう。それでも、前を向くしかないという現実は本当に厳しいことです。
そんな中での、お茶のお稽古の再開、良かったです。
倉敷支部の月釜も、震災後賛否両論の中3月も行なわれ、4月10日には私の所属する社中のお当番となります。当初、桜満開のおり、「桜ずくし」の華やかなお席の予定だったのですが、先生は、蓋置を「三人形」に換え「手を携え支え合う」メッセージにされるおつもりのようです。お軸も、最初のものより変更するのにずい分心をくだいておられるご様子・・・。
どんな時にも、季節に寄り添い、人に寄り添っていく「お茶の道」の姿勢をお教えくださる先生に尊敬と感謝の念を抱かずにはおられません。
冨樫様も、思い出を、そして今を大切に、頑張り過ぎず、明日のために精一杯生きてください。遠く岡山からも、応援しています。

ありがとうございます。

★YANさま
 こんばんは。
想定も出来ぬほどの大きな地震と津波によって、東北の私たちの未来が大きく変わってしまいました。
大震災から3週間が過ぎましたが、まだ18000名以上の方々の安否不明となっていて、なんともやり切れない気持ちです。
どうして今の時代に生きている私たちが歴史的な震災に遭わなくてはならなかったのか・・今でも夢を見ているような気がいたします。
最近までライフラインが途切れていて不便な生活が続き、私も被災したんだと感じる度に、いままでの当たり前の生活が出来ていたことのありがたさを痛感しています。
 しかし復興へのスタートも切らなくてはなりません。残された者が悲しみや辛さを乗り越えやっていかなくてはならないのですが、失ったものがあまりにも多く力が入らないのも確かです。
 月釜や研究会そして各種会議などは総て中止もしくは延期となってしまいました。
4月10日の月釜での蓋置は「三人形」でしょうか。
先生方も長い間あたためられてきた構想を、震災のために変更せざるを得ないとのこと申し訳ないと思うと同時に感謝の気持ちでいっぱいです。
こうして多くの方々からメールやメッセージをいただきましたこと、皆様方との絆を強く感じています。
感謝申し上げます。

復興は苦しく長い道のりだとおもいます。
以前の様にはならないかもしれないけれど、一から始めることは出来ます。

それが命ある私たちの役目だとおもいます。
そうでなければ、逝ってしまった人たちに申し訳が立ちません。

お手前もいつか心穏やかに出来る日が来ることを願いつつ、千葉から応援しています。

お稽古再開されたこと・・嬉しく思いました。少しずつ元気になってくださいね。
あまり頑張りすぎずゆっくり過ごしてください。遠くから心配するだけで力になれず
すみません。祈っておりますよ。

少しづつ

ほんとに、お稽古再開を聞いて少しほっといたしております。
失われたものがあまりに大きすぎて、とてもその穴を埋めることは容易ではないと存じますが、
少しづつでも明るい方へ向かわれること、心から祈っております。
主人のところはガスの見込みはまだまだのようです。煮炊きは電気鍋とかで何とかなるようですし、何しろ一人ですのであったかいお湯につかるのさえ辛抱すれば、身ぎれいにはできているようです。
お申し出本当にありがたく、うれしく存じました。
お一人でもお知り合いがお近くにおられると思うと、本当に心強いです。

まだまだ厳しい環境におられると存じますが、富樫様もご無理なさらず、
少しでも心休まる機会を持ちくださいますように。

ありがとうございます。

★さちりんさま
 一からのスタート!
そして今からのスタート!
なかなか難しいことでしょうが、生かされている人そして残された人への課題です。
いずれにしても家をなくされた方々への仮設住宅が差し迫った問題となっています。そして新たな仕事も一緒に!
これは個人一人一人ができるものではなく、国家的な取り組みがどうしてもお願いしなくてはなりません。
速やかな実施を是非お願いしたいものです。
今後はそちらの取り組みへのご支援もよろしくお願いいたします。
いつもコメント感謝申し上げます。

お稽古仲間!

★ハンナさま
 こんばんは!
今日は土曜日班全員が揃って約一月ぶりのお稽古でした。
全員が無事であったことを報告しあい、この間の出来事などを話しあってきたところです。
ライフラインが切れたことによって、一人一人が家族の中での役割を分担しあい、生活してきたことなどいろいろな報告がありました。
皆が元気でいたことにほっとした時間となりました。
ようやく全員が揃ったことの安心感でしょうか。
いただいたお茶おいしゅうこざいました。

心が折れる強い余震!

★ハレのははさま
  震災後1ヶ月を間近にして復興の兆しの中、7日深夜の震度6強の余震がありました。
「どうしてまた!」の言葉しかありませんでした。
「心が折れる」とはこのことなのでしょうか。
停電も東北全体で400万戸に及び、都市ガスも復旧したばかりのところがまたストップしたとテレビで放映されていました。
今夕も震度4の余震があったばかりです。
少しでも余震がなくなってくれることを祈っています。
 私が好きだった気仙沼市大谷海岸は、砂浜と共に多くの人と建物が消え、海水浴場から歩いてすぐにあった気仙沼線の駅舎と線路は土台を残すだけと新聞にありました。
まだ信じられません。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ