風の森通信 第735号


「1,000年に一度」の地震


 東北太平洋沖地震は「1,000年に一度」の大地震と友人からメールが届きました。
ユリウス暦869年に発生した「貞観(じょうがん)地震」と酷似していて、震源域と考えられる範囲も今回の地震の発生場所に近いという内容でした。
「貞観地震」があったことが分かったのはつい最近のこと。
産業技術総合研究所のボーリング調査で分かっていたものです。津波によって海から内陸に運ばれた堆積物から、今回の地震でいう想定外といわれている高さの津波が内陸部まで到達していたことがわかっていたようです。
その後の慶長三陸地震、明治三陸地震、昭和三陸地震そして今回の東北太平洋沖地震。
今回は過去の地震の時と違って海岸域の開発が急速に進んで多くの人々が居住し、津波災害への憂いを昔と違って何倍も常に自覚しなくてはならなかったわけです。
その度に地震と津波は教訓として伝えられてきたはずですが、悲しいことに人は忘れる生き物です。
私たちの記憶に新しい昭和三陸地震の教訓から、各市町村では毎年避難訓練をやったり、高さ10メートル、全長2.5キロの世界一と言われた巨大防潮堤を作ったり、近年ではあらゆるマスコミなどを通して地震や津波の怖さを日々目にしていたはずでした。
なのに津波はそれらを軽々と乗り越え、海岸沿いの町をのみこみ総てを破壊し多くの人命を奪っていきました。衣食住を一瞬に失い、ライフラインが当り前ではなくなり、ガソリンが手に入らなくなるという事実がいつ到来するのか分からないということを、今回の地震と津波によって目の前に突きつけられました。
想定外の津波の高さであったといわれる貞観地震の悲劇が
1,000年の時を経て堆積物の中にあったり、専門家の間でしか知られていない古文書の中にあっただけで、地震があったことすら忘れ去られてきたわけです。

 4月7日の深夜、またしても震度6強の強い余震がありました。
停電もあって真っ暗闇の中で「どうしてまた!」の言葉しかありませんでした。
3月11日からもうすぐ1ヶ月という復興に向けた節目の時期に、このような強い余震が襲ってきました。今回の余震でも多くの建造物が被害を受け、東北地方で400万戸の停電や復旧したはがりの都市ガスがまたストップしてしまいました。
「心が折れる」とはこのことでしょうか。

 今を生きる私にとってこの地震に関わる時間は、人生の中のほんのごく一部分であるはずです。そして今回は1,000年に一度の歴史的な東北太平洋沖地震だったわけですから、大変なこと苦しいのは当り前なのだと考えることにしました。
体が健康で明るく元気でいればなんとかなる、そしてなんとか乗り越えていかなくてはなりません。

「こんな時だからこそお茶を飲みにきてみたら」
齋藤宗紀先生から電話連絡がありました。
今日は土曜日のお稽古メンバーが全員揃い、静かな時間の流れの中にほっとするものがあります。
杉棚と透木釜を使って初炭手前、貴人清次濃茶そして貴人点。
今日のお床です。

者流くればやどにま徒さくむめの花君可ちとせの可ざ志と毛三流
( 春くれば宿に まづ咲く梅の花 君が千歳 の かざしともみる )

 仙台では梅の花が満開の時期です。
梅の花を見るとき、この地震をこれからの世代に伝え幾久しくと願わざるを得ません。
ようやくお茶のお稽古だけは、3月11日以前の姿に戻ることができたのです。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

いつか

自然の前には太刀打ち出来ないと知らされた出来事でしたが、それにしてもなんと残酷な事が起きるのだろうと、、この憤懣やるかたない気持ちをどこにぶつけたら良いのだろうと思います。

それでも、残された人は生きて行かなければ先に進む事は出来ないのですね。

けれども、少しでも普段の生活に近づいていける事が希望へと繋がるとおもいます。

どうぞ、皆様と一緒にお稽古をしている時だけでも、心穏やかに過ごせますようにと願っております。


1000年に一度の大地震です・・確かに
そうかもしれませんね。

7日の震度6の余震・・復旧が始まったばかりの東北地方の停電のニュースを見て
私も「どうしてまた」との思いを強く持ちましたから当地の方々の心労にはどうしてお慰めの言葉を掛けてよいのかわかりません。

どうぞ希望を捨てないでくださいね。

「静かな時間の流れの中にほっとするものがあります。」

良かったですね。

お健やかにお過ごしください。

万葉仮名

足跡ありがとうございました^^

>者流くればやどにま徒さくむめの花君可ちとせの可ざ志と毛三流

万葉仮名は何事にも縛られず緩やかでおおらかで、あらあらふふふと微笑を誘ってくれますね^^

今日も大きな揺れが続いて、ちょっと滅入っていましたが、遠い昔のご先祖様に励まされたような気持ちがしました。 ありがとうございます。

ひと月が経ちましたが、大きな余震が続いていて、心配が絶えませんね。
被災した皆さんが、前を向いている姿をテレビで拝見し、元気な地域では普通の生活をしよう!そして、日本を支えようと、皆が光へ向かって歩みはじめているのに。
これ以上何も起こらない事を祈るばかりです。

大阪では桜が満開となりました。
一昨日、お茶の先生はご自宅で、さくらチャリティー茶会を催され、沢山の方がみえました。関西の方は阪神淡路大震災を経験しておられるので、他人事ではなく心配し、応援しています。
私は、雨の中、来て下さったお客様のお気持ちを、春風にのせて、東北まで届けられたら・・・・・という気持ちで、務めさせて頂きました。
お床には「春風吹又生」が掛けられていました。

ご不便が続いているでしょうが、どうぞ御身おいとい下さいませ。

普通に戻ること

冨樫さま

震災から1カ月。今日も地震がたくさんありました。
東京も、これからどうなるかわかりませんが、日本はこれから、まず「普通に戻る」ことにみんなで心をくだかなければなりません。
幸せとは普通であることだと、あたまでは分かっていても、このときほど、みなが痛感した瞬間もないでしょうね。

お茶を飲むこと。こんなときだからこそという考え方もあれば、まずはじめに、断ち切られる部分でもあります。

もうご存知かもしれませんが、茶道具作家さんたちのチャリティーお茶会イベントを、私どものスタジオを会場としてGWに行います。茶道の方や、私たちの台湾茶席など、流派を越えて、お茶でみなさんを精いっぱいもてなします。

◆茶の湯チャリティーLOVE
http://sara-ya.com/love.html

富樫さまもどうかお元気で、お気をつけておすごしください。

大丈夫!

★さちりんさま
 おはようございます。
仙台の今日は快晴です。空の定期便もないのでどこにも飛行雲なく真っ青な空で、深呼吸すると清々しい気分になるものです。
震災から早いもので1ヶ月が過ぎました。
お亡くなりになった方々やまだ行方不明の方を合わせると3万人近くなります。
そろそろ疲れの溜まっているようで、周囲の皆様が体調不調で休まれる方も多くなってきました。どうしても体の弱い部分にまずその症状が出てくるようで、腰痛で病院や接骨院に行かれているようです。
 この期間何度「無事」や「大丈夫」そして「一緒に」という言葉を使ってきたでしょうか。
その中で「大丈夫」の漢字には、人が3人集まっているから安心を感じる言葉だと友人に教えてもらいました。
なるほどそうですね!他にも3だけを考えても「3人寄れば文殊の知恵」とか「三本の矢」の逸話にもありますね。
特に残された者としてこれからできるだけ多くの皆様と「大丈夫」の声を掛け合っていきたいと思っています。
これも以前聞いたことのあるお話ですが、人の幸・不幸の全体の量は変わらないということ内容だったと思います。今不幸のどん底であってもこれから先きっと幸せなことがいっぱい待っているはずです。そう思いながらこれから生きて生きたいものです。
いつもコメント感謝申し上げます。

生かされていること。

★ハンナさま
 おはようございます。
返信が遅れましたことまずお詫び申し上げます。
ようやく余震が少なくなってきているように思います。その分だけ周囲の様子がよく見えるようになってきました。
辛く悲しい状況や一命とりとめたお話、そして実に多くの方々に今回の震災で支援していただいているということが分かってきました。
「ことば」の一節が思い出されます。
「多くの恩愛に感謝をささげ、お互いに人々によって生かされている」
これから何度も唱和する度に今回の震災を思い出すことになるでしょう。
多くのものを失った今、すぐにまた3月11日以前の状態に戻ることは出来ません。
引き続きのご支援よろしくお願いいたします。
コメント感謝申し上げます。

これから!

★山桜さま
 おはようございます。そしてはじめまして!
仙台の今朝は気温が2℃まで下がり起きるのが大変でした。
最近はなかなかパソコンを開く時間がなく、昨夜からこれまでコメントをいただいて方々に返信させていただいている状況をまずお詫び申し上げます。

 私はかな文字が大好きです。
お茶室などでかな文字に出会う度、謎解きに挑戦しているような気がいたします。
一つ一つの字は筆を持つ人の感性のようなものでしょうか。そして空間の使い方や字の収まり方がすっきりしている作品が私は好きです。

貴ブログ拝見しました。
「完全に元通りに復興して
 (何も無かったように)笑って暮らせるには30年はかかるかな…」

30年後、私は間違いなく死んでいます。
もし生きていたとしても多くの私の仕事が出来なくなり、逆に他の人の仕事が増えているはずです。
そんなわけで私ができることは「今を生きる!」こと。
これからの東北が復興していく姿を見ながら、私も元気をもらい生きていきたいものです。
そんな私ですがどうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

いわきが心配です!

★P子さま
 ごぶさたしております。
震災後久しぶりにお母様のお声を聞かせていただくことができました。
ちょうど被災地内のNTTの公衆電話が、無料で使わせていただくことができた期間を利用してお電話をさせていただました。
お父さまもお元気で何よりです。
その後の余震でいわきの活断層が動いたとも聞いております。早く地震も原発も収まってほしいものです。
いわきは私が4年間勤務した地、とても心配でなりません。

 仙台の今朝は寒かったのですが、日中は20℃近くまで気温が上がってくれるようです。これで一気に桜も満開でしょうか。
「春風吹又生」
野火焼けども尽きず、春風また吹いて生ず
今の東北にぴったりの詩です。
今回の震災によって総てが失われてしまいましたが、春になるとまた温かな風が吹く今また再び芽生えて復興していくもの・・・
お道具はどのような組み合わせだったのでしょうか。
そしてご銘はどんなものが使われましたか?
さくら復興支援チャリティー茶会の開催誠にありがとうございました。
どうぞ先生方そして社中の皆様にもよろしくお伝えください。
コメント感謝申し上げます。

ありがとうございます。

★うらりんさま
 おはようございます。
無事でいられること、普通の生活が出来ることのありがたさを痛感しております。
あまり被害のなかった私の住む泉パークタウン寺岡は、総てのライフラインが復旧するまで約2週間かかりました。復旧にあたっては全国の皆様方からのご支援をいただきました。
普通でないこの期間はを振り返る度、被災するということはこういうことなのだと感じたものです。
まだまだ避難されている方々が多数おられます。引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。
そして「茶の湯チャリティーLOVE 」を企画していただけますこと感謝申し上げます。
こうして皆様方からの強い絆そして支えがあるからこそ東北は頑張れます。
作家の先生方や、各流派の先生方にもどうぞよろしくお伝えください。「茶の湯チャリティーLOVE 」の成功をお祈り申し上げます。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ