風の森通信 第750号


名水点(めいすいだて)


 仙台は梅雨に入って、雨の降る日がようやく多くなってきて暑さも一息ついたところでしょうか。
今日のお稽古は名水点での続き薄茶。

 しっとり濡れた釣瓶水指には注連が張られ、前には茶入が荘られています。
柄杓を引いて総礼。

「お見受けいたしますと、名水をご用意いただいたようでございますが、お水を頂戴したいと思います」
お濃茶を飲む前に、こうして水を所望して名水そのものを味わうものです。

 「おいしくいただくことができました、どちらの名水でしょうか」 
 「仙台市作並奥新川(さくなみおくにっかわ)の、生きた湧き水として知られる長命水でございます」
 「誠にまろやかなお味でございました」

 長命水を手に入れるには仙台から山形に向う国道48号線を車で走らせ約五十分。作並温泉の手前左側に長命水の看板が目印。看板から左折し三.六キロの細い砂利道が続き、トンネルを通り橋を渡った所に「長命水」があります。
仙台市内で湧き水で手に入る名水は私が知っている限りでは四銘水だけです。
この青葉区作並奥新川「長命水」の他に、宮城野区岩切青麻神社境内脇にある「元茶屋の清水」、太白区秋保温泉奥の「磐司岩清水」そして泉区の「泉ヶ岳清水」

 この日のお花は半夏生。
主菓子は玉澤総本家製「すずめ餅」

 「誠に勝手ではございますが、そのままお薄をいただきとう存じます」
 「それでは続いて薄茶をさし上げます」

 「お茶杓の銘は」
 「極楽の余り風と申します」
 「梅雨の晴れ間に極楽から吹き渡ってくる風のことでしょうか」
 「時折このお茶室にも涼しい風が吹いてくれます」

さて極楽にはこんな涼しげな花も咲いているのでしょうか。
そしてこの花が揺れる度に、涼しい風がこのお茶室にも吹いてきてくれるのではと思ってしまいます。


和の学校仙台分校へどうぞ


コメントの投稿

非公開コメント

ブルーのお花が涼しげで梅雨の空によく映えているでしょうね。

こちらでも、湧き水はいろいろありますが、名水と言われる所は無い様に思います。

造り酒屋さんの湧き水などは美味しいと言う評判ですが。

宮城野区は被害が大きかった所だと思いますが、湧き水は濁る事なく、枯れる事なく、わいているのでしょうか?

まだ確認できておりません!

★さちりんさま
 こんばんは。
名水のその後ですが、震災以来どうなったのかまだ確認しておりません。
心配でございます。
夏休みに入ってから四箇所とも回ってきたいと思っております。
ペットボトルでも何本か持参してまいります。
楽しみが増えました。
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ