風の森通信 第767号


体験「子供茶道」


 先日体験「子供茶道」を開催しました。
今回参加してくれたのは寺岡小学校の三人の子供たち。
挨拶の仕方、感謝すること、お茶碗を持つ手や茶碗をまわしていただくことを覚えてもらった後、一人一人にお茶をさし上げました。

「私もやってみたい」と子供たちから声があがりました。
盆略点前の簡単な流れを説明した後、一人一人にお茶を点ててもらいました。

初めてにしてはその姿はさまになっています。
心配していた銀瓶もさほど重さを感じる様子もなく、銀瓶を持つ手の熱さも特に苦にならなかったようです。
今度はそれぞれの所作のいい例と悪い例を、違いが分かるように子供たちを集めて目の前でやってみせました。
「どちらがおいしそうにできたかな?どちらがきれいに見えたかな?どちらが格好が良かったかな?」
そして最後はAさんがお茶を点て、MさんとR君にお客様として座ってもらいました。正座することに慣れていない子供たちでしたが、きちんと座ってもらい見よう見まねでお点前が進みます。
お茶を飲み終えてお茶碗を定座に戻します。

お点前を一通り終ってからそれぞれ感想を聞いてみると、幼稚園の時にお茶を経験していた子や、ご家族の方がお茶を習われていたり、外国で生まれて日本のことを何かやってもらいたいといわれ大変だった話なども出されました。お茶とは縁が無かったのではという心配もいらなかったようです。約一時間、子供たちは慣れないことの連続で緊張したことでしょう。
さて子供たちはお茶をどのように感じてくれたでしょうか。
子供たちには名刺を渡しておきました。
三人の子供たちが次回からの「子供茶道」に来てくれるでしょうか楽しみでございます。

 写真掲載にあたりましては、子供たちの目のところをぼかし処理をして掲載させていただきました。
お名前も英語の頭文字のみにさせていただきます。

 午後からは宮城県芸術祭茶会に参加するため輪王寺に行ってきます。
どんなおもてなしが待っているのかこちらも楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみですね。

次代を担う子供たちに日本の文化を伝えていくのは、お教えする方の楽しみでもありますね。
冨樫様の篤い思いはきっと子供たちの心に残ることと思います。
子供でも本物はきっと心に響くはず。
美味しいお茶と美味しいお菓子も幼心にはいつまでも残ることでしょう。
これからの活動が楽しみですね。

楽しみです。

★ハレのははさま
 いざスタートしたものの子供たちが集まらず困っております。
一人でも二人でもいいのですが・・・
なかなか宣伝する機会がなく、ようやく体験教室を開催することができました。
 子供たちは素直なもので、要領さえ掴めば大人よりも早く覚えてくれそうです。一通り盆略点前だけでもなんとかしたいと思いますが、それ以上に割稽古をきちんとやりたいものです。
これからが楽しみでございます。
コメント感謝申し上げます。

子供達の楽しそうな笑顔が、茶道の道に繋がってくれるといいですね。

こんなお教室なら私も、子供達に紛れて、お稽古に伺いたいものです。

参加していただきたいものです!

★さちりんさま
 こんばんは。
子供たちにはお茶の楽しさを丁寧に伝えていきたいと思っています。
さちりんさんも仙台在住でしたら、昔子供だったということで是非参加いただければと思います^^
これからがとても楽しみです。
コメントいつも感謝申し上げます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ