風の森通信 第770号


「六華窯 岩井純 2011 アンティノーの世界」


■日時 平成23年10月21日(金)~27日(木)
         (最終日 午後4時30分閉場)
■場所 仙台藤崎 本館6階美術工芸サロン
      仙台市青葉区一番町 3-2-17 電話022-261-5111

 本日、藤崎デパート6階美術工芸サロンで開催されている「六華窯 岩井純 2011 アンティノーの世界」展にお伺いしてきました。
会場は多くの皆様でにぎわっておりました。
お忙しい中、岩井先生そして奥様からお話を伺うことができました。

東日本大震災以降、日本や韓国そしてイタリアなどの多くの皆様方からのご支援をいただき、山形、韓国そして今回仙台で展覧会を開催できたことについて皆様方への感謝のお言葉をいただきました。
六華窯でも多くの作品が震災の被害を受けられましたが、これまでの作品をより発展させ今回新たに「六華燿変天目釉」を発表されました。
岩井先生の作品を手にしてみれば、その中には宇宙を思わせる無限に広がる燿変の輝きに驚かされます。震災という受難を乗り越えられ、新たなそして豊かな美を追求なされている岩井先生に改めて敬意を表するものです。
先生の多くの作品の中から一部をご紹介申し上げます。

        六華天目釉カクテル杯<アンティノー>

             六華燿変天目釉茶碗

             六華燿変天目釉茶碗

                結晶釉水指

          六華天目釉花入れ<アンティノー>

             六華燿変天目釉茶入れ

同展は10月27日(木)まで開催されております。
まだご覧になっていない方は是非ご覧いただければと思います。

■YouTube
・kilnrikka Jun Iwai【フィレンツェ・宮殿の職人展’10】
  http://www.youtube.com/watch?v=LO1_Wddop7I
・岩井純六華窯「アンティノー」【仙台’10】
  http://www.youtube.com/watch?v=DegFTYE-OhA


          六華窯(りっかがま)
           仙台市青葉区芋沢字田尻 68-2
           電話022-394-2126
           JR仙山線 愛子駅より車で15分


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

いつみても…

お写真拝見するたびいつもこの不思議な光りの中心へと心が吸い込まれます

同じ色合いで、同じように星が光るかのように模様を作るということは大変難しい労作でしょう…

きっととても繊細な作業なのでしょうね…


★ひっこりさま
 作品には偶然という出会いもあるのでしょうが、同じ色を作り続けることのほうが難しいのかもしれませんね。
そして先生は今回の作品展で「六華燿変天目釉」のお茶碗を発表されました。これまでの色を守りながらも、常に新しい作品を作るということにもチャレンジされました。
テーマを持ち続けながら、新たなものを作り上げていくという岩井先生の意欲には、ただただ驚かされるばかりです。
次回の作品展がとても楽しみでございます。
コメント感謝申し上げます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ