風の森通信 第774号


平成23年秋 しばた茶会


・平成23年10月30日(日)9時~15時
・宮城県柴田町 如心庵


■裏千家 樋口宗正氏  如心庵(濃茶席)

待合
 床  玄妙斎筆色紙   定家歌    
 
本席
 床  寛永寺大僧正 杉谷義周和尚筆    天地吾庵  
  花     西王母椿
  花入   竹一重切 銘 山里    大亀和尚在判
  香合   埋木

  釜    遠山 鵬雲斎大宗匠好 紹栄造
  水指   志野焼            健造

  茶入   瀬戸   銘 苫屋
  茶杓   桂堂作  銘 山路
  茶碗   萩四方           新衛兵造 
    替   鼠志野           健造 
    蓋置 竹引切
    建水 木地曲
  御茶   青葉の昔         大正園詰 
  菓子   小倉山           仙台屋製 






■裏千家 高橋宗会氏  広間席(薄茶席)

 床  前瑞鳳景州筆   龍鳳  
  花    
  花入   宗全籠
  香合   黒柿浮御堂        宗貴造

  釜    雲龍             浄清造
  風炉   やつれ           
  水指   南蛮縄簾          太仙造

  薄器   根来塗木地棗
  茶杓   大徳寺与雲作  銘 霜の夜
  茶碗   本郷宗像窯        京一造 
    替   思太田窯          正考造 
        虫明  銘 もみじ
    蓋置 竹
    建水 本郷
  御茶   呉竹            古畑園詰 
  菓子   秋の野           駒屋製
  菓子器 古代根来錦華鉢







■玉川遠州流 伏見晋冲氏 立礼席(玉露席)








矢内松美氏との出会い

 矢内松美氏はいわき在住の歌人です。
いわき市は私が四年間勤務した地で、裏千家茶道の楽しさを知った所でもあります。
松井さんのお名前は月刊誌の淡交歌壇でよく拝見しておりました。これまで年間賞を受賞されるなど私にとっては憧れの歌人です。
いわきのお茶室には何度か伺っているのですが、一度もお会いする機会がありませんでした。
たまたま高橋先生のお手伝いでいわきから来られていた先輩の計らいで、今回初めて如心庵でお会いすることができご挨拶を申し上げたところです。
その時に撮影した写真をお届けしたところ、ご丁寧に御礼のお手紙を頂戴しました。短歌も認めてあって私の大切な宝物になりました。
いわきに行った折、矢内さんのご自宅に伺いたいと思っております。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ