風の森通信 第780号


SENDAI 光のページェント



 一つひとつの電球は小さな光です。

 欅の大木一本に、そして定禅寺通りを埋め尽くすその光の連なりは、北風に揺れる度に圧倒されるほどの輝きとなって私達を魅了してやみません。
 3月11日の東日本大震災の津波によって、昨年まで使っていた電球のほとんどが流されてしまいました。
その事があって今年の開催が危ぶまれましたが、同じような催しを開いている東京・表参道や秋田県大館市などの団体から電球の貸し出しを得て支えていただくことができました。全国の皆様からのご支援をいただき、こうして希望の光をまた灯すことができたのです。
 私がいつも楽しみにしているのは「スターライト・ウインク」
これはケヤキ並木のイルミネーションが一瞬だけ消灯し再点灯する時間のことで、一斉にまた輝きだす様子に観客からは大歓声がわき起こります。定禅寺通では午後6時00分、7時00分そして8時00分の3回行われます。点灯の瞬間を楽しんでいただければと思います。
 こうして見ていると数の力は素晴らしいものです。
これだけの光の数になってくると、単純な足し算や掛け算だけでは表せない大きな力を発揮してくれるものです。
震災復興支援の力も引き続きそうあってほしいと願っております。
SENDAI光のページェントは12月31日まで。

 昨日は親戚の法事参列のため、お稽古は久しぶりに欠席となりました。
来週24日イブの日が今年最後のお稽古となります。
土曜日班のメンバーだけでお道具を持ち寄り、クリスマス茶会を行うことになりました。
今から楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

少しでも

小さな光でも、数が集まれば輝きも何倍にもなりますね。

少しでもこの光に癒され、希望の光と思ってくれたら嬉しいことですね。

クリスマスまで後少しです。

何をお願いしたのでしょうか。

希望の灯り

★さちりんさま
 こんばんは。
今年のSENDAI光のページェントのスローガンは「光の和、想いをひとつに!」というものでした。
一年をを締め括るこの時期、仙台市は東日本大震災の被災地として、復興への希望の灯りをともしたいとの思いがあり、全国の皆様方からのご支援をいただきながら開催することが出来ました。
この光を見る度に、なんとか一日も早い被災地の復興を成し遂げ、全国の皆様方にお返しをしなくてはという思いです。
この大震災でどれだけの涙が流されてきたでしょうか。その涙を乗り越え「復興」は残された者の使命だと思っています。
この光は私達にとって復興への「希望の光」です。
いつもコメント感謝申し上げます。

まばゆい明るさのなかでは感じないほんの少しの小さな明るさが、暗いところではとても明るい輝きになりますね。
針のさきほどの光の明るさも、暗闇のなかではなんと明るく感じられることでしょう。
光の不思議さを思います。
すばらしい光の連なりですね、この輝きが大きな力になりますことを・・・

不思議な光!

★きえさま
 こんばんは。
私たち誰もが、日常の生活の中ではまったく意識せずに、多くの光の恩恵にあずかっています。
太陽の光であったり、温かな炎から発せられる光や、電気によって電球やLEDから発せられる光など私たち周囲にはさまざまな光が存在しています。 その光が1個であったり、光のページェントのように60万個近くの電球やLEDが光輝く時もあります。
数の多少ではなく、たった1個の光であっても人の心に残るものがあります。

自分が置かれている環境によって、光の感じた方が大きく左右されるものなのかもしれくせん。
東日本大震災の時でも停電の時には大変な苦労をしましたが、蝋燭の明りに本当に助けられました。無くして初めてそのありがたみが分かるものです。
どんな時でも光は私たちにとってありがたいものです。
コメント感謝申し上げます。

仙台は遠いけど…冨樫さんのお写真で毎年この光を近くに感じられます…。
今年はさらに暖かさを感じます。きっとたくさんの方々の気持がこめられているのでしょうね…。

感謝申し上げます。

★ひっこりさま

>この光を近くに感じられます…。
>今年はさらに暖かさを感じます。

そう言ってもらえると、仙台市民として支援していただいた全国の皆様にもご報告ができます!
この光でどれだけの方々が元気付けられたでしょう。
この場をお借りして、改めて皆様方に御礼を申し上げたいと思います。
いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ