風の森通信 第785号


どんと祭



 毎年1月14日、仙台市泉区パークタウン内にある上の原神社ではどんと祭(どんとさい)が斎行されます。
夕食後家中の正月飾りを外して厚着をし参拝に行ってまいりました。

 どんと祭とは正月送りの行事で、正月飾りや古神札等を焼納するもので宮城県を中心に呼ばれている祭りの呼称です。
他の地域では左義長やどんと焼きなどとも呼ばれているものです。
宮城県内各神社の境内の一角には、近郷近在より持ち寄られた門松・注連縄・松飾り等の正月飾りを、日没の頃に忌火により点火され焚き上げられます。そしてその火にあたると心身が清められ、今年一年間無病息災・家内安全のご加護を得ることができるといういい伝えがあります。

 気温は氷点下一度と寒かったのですが、参道の階段には雪はほとんどなくまだ早い時間帯ということもあって、すぐに正月飾りを焼納し身体を暖めることができました。
その後また階段を上り、神殿に頭を垂れ手をあわせ御礼とご報告そして誓いをたててまいりました。
「東日本大震災を経ても無事に生きています。いつも見守っていただきありがとうございます。これからの目標のためにこうして今も健康でいられますことに感謝いたします」
来年の一月十四日もまた「ありがとうございます」そして「感謝します」という言葉がとめどなくご報告ができますように。


 今日のお稽古は初炭手前そして小習の中から貴人清次濃茶そして貴人点薄茶でした。
齋藤宗紀先生より来週は四ヶ伝とのこと、どんなお点前をお稽古させていただけるのでしょうか。
今から楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

炎があたたかそうな写真ですね。

こちらではどんとまつり(どんとやき)の習慣がありません。

母などは、信州のどんと焼きを懐かしがって、良く話をしてくれます。

私も一度は参加したいと思っていますが、未だにそのチャンスがありません。

このありがたい行事に参加できてよかったですね。今年一年御利益がありますように。

火というのは…照らされた人間の身体のなかの良いものも悪いものもすべて照らしだしてくれるような気がいたします。
その熱は脅威でもあり、とてもありがたくもあり、…なんというのでしょう、やはり清めてくれるのでしょう…

夜空に上る炎を私も拝見したいです。


「どん焼き」

★さちりんさま
 おはようございます。
今朝の仙台は小雪が舞っています。
東京も昨日は初雪とのことでしたが、千葉ではいかがでしょうか?

>母などは、信州のどんと焼きを懐かしがって、良く話をしてくれます。

長野でも同じような風習があるのですね~!
呼び方は「どんと焼き」とのこと!
宮城だけかと思っていましたが、同じ風習が今もそして呼び方もほとんど同じでなぜかほっといたします。
宮城県内で行なわれるどんと祭は大崎八幡宮が最大規模で行なわれます。
http://www.okos.co.jp/oosaki/
寒い時期ではありますが、機会がありましたら是非仙台へ!
いつもコメント感謝申し上げます。

★ひっこりさま
 おはようこざいます。
パソコンは週末だけと震災以来決めていますので返信が遅れましたことお詫び申し上げます。
火はギリシャ神話では、プロメテウスが神々の火を人間に伝えられたと言われています。
火は私たちにとって身近な存在となった現代ではとてもありがたいものそして怖いものでもあります。
暖かくてこんな寒い冬でも火があることによって快適な生活ができます。
しかし、東京電力福島第一原子力発電所の火も忘れることはできません。
火をどのように使っていくのかこれからもずっと問い続けられることと思います。

 どんと祭の火は暖かくそして無病息災のご加護があるといわれているもの。
この祭はずっと続けていってほしいものです。
http://www.okos.co.jp/oosaki/festival/matsutaki/index.html

いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ