風の森通信 第325号


  九月となると必ず聞きたくなる歌があります。
竹内まりや「September」

    からし色のシャツ
    街は色づいたクレヨンが涙まで染めて走る
    ほどけかけてる愛のむすび目
    心に影がさした
    涙が木の葉になる
    めぐる季節の彩りの中
    ラブという言葉だけ切り抜いた跡
    トリコロールの海辺の服も二度と着ることはない
    セプテンバー秋に変わった

悲しく切ない歌なのに、軽快なテンポのせいか心地よく耳に入ってきます。
立って聞いていると、ジルバで踊りたくなってくるお気に入りの曲。
今夜はゆっくり聞いてみることにしましょう。

 そして九月になってもう一つ気になるのが「月」
今年の中秋の名月(旧暦八月十五日)は、十月六日(金)とまだ一ヶ月も先のこと。
今日九月八日は、旧暦七月十六日の満月。
旧暦ではその日付が月の大きさでなので、月の形は誰でも知っていることでした。ところが新暦になってから、日付と月の大きさが一致しなくなってしまい、これまでの伝統や文化を日々の生活に取り入れている日本人にとって、戸惑うことが多いものです。
今朝は快晴でしたが昼前から曇り始めてきて、残念ながら今夜は満月を眺めることはできません。
皆様方の地方ではいかがでしょうか。
しかし茶道をやっている私は、お茶会やお稽古でたくさんのお道具でお月見ができます。しかし本物の月をじっくり見る機会がなくなってきました。
子供の頃は月をよく見ていた記憶があります。
最近といってももう十年前も前のことですがその時は車の中で。
そして三日前、きれいな月を寝ながら見ることができました。
外がいつになく明るいのでカーテンを開けてみると、金木犀の木の上に十三夜の月が輝いていたのです。
寝ながら月を見ていると、地球の動きや雲の動きの早いのに驚かされます。
「寝待月」「臥待月」いろいろなことを想像できる言葉の響きです。
満月の他には新月、三日月、上弦の月、十三夜、十六夜(いざよい)、立待月、居待月、下弦の月、晦(つごもり)他にどんな月の名前があるでしょうか。
私の夢の一つに「月や星を見ながら眠ること」というのがあります。
もう一度家を建てる時は山奥にと思っていて、自分の部屋には屋根のほとんどがガラス張りの部屋を作りたいと思っています。
毎日星空を見ながら眠ること。
自然の中にそして宇宙の中にいるのだと、実感できるのではないかと思っています。

 日中はまだ残暑が残っているものの、さすがに朝夕はしのぎやすくなってきました。
そして空が高くなってきたことを感じます。
秋になると空も、水も、水に映る山さえみな澄んでくる季節。
九月十日(日)は、和の学校仙台分校「お茶を楽しむ会」の第15回例会が仙台市野草園と仙庵・茂ケ崎庵で開催されます。
風に揺れる萩の花を見ながら、お茶室でどんなお月見ができるでしょうか今から楽しみです。
皆様方もお出かけくださいお待ちしております。

http://www18.ocn.ne.jp/~kaze001/reikai/annai15.htm

和の学校仙台分校へどうぞ
 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

月夜の夢

寝待月・・・秋ならではの風情のある呼び名ですね。
星空をみて、物思いにふけってしまいそうになる季節・・・ロマンチックな秋の夜。

お茶会は10/1です。
チケットはあとで送ります^^↓
http://www.matsushima-kanko.com/kyokai/news/shuncyakai.html

楽しみにしております。

 こんばんは・・・
「日本三景園遊茶会」楽しみにしております。そしてお店にも必ずよらさせていただきます。
今年も茶菴流席は薔薇茶席とか、初めての席なので本当に楽しみです。今年は早めに伺います。
いい天気でありますように。
前売り券感謝申し上げます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ