風の森通信 第793号


 「甘酒記念日」


  今日は初めて「甘酒」を作ってみました。
今日は午前中から材料を準備し約六時間かけて完成です。

初めて作ったわりには、程よい甘さと米粒の食感がなかなかよろしい。うるち米は少しもちもち感のあるあきたこまちを使い、米麹は太子食品の麹を使ってみました。「生甘酒」ここがキーポイントなので、防腐剤などは使うこともなく出来立てのほやほやです。
生姜、レモン、豆乳などいろいろ加えてみるようですが、今日はお塩を一つまみ入れただけのシンプル甘酒です。

 冬はあったかくして夏は冷やして飲むことができます。
「甘酒」は俳句の季語としては夏。
昔から夏の暑い時期に栄養ドリンクとして飲まれてきたわけです。
甘酒には必須アミノ酸やビタミン類が多く含まれていることで有名ですが、そのほかにも血圧を抑える成分や発がん性を抑える成分とか、美肌成分など他にもいろいろあるようです。
こんなに栄養豊富なものが、一千年以上も前からあって今日まで伝わってきたのです。
現代のサプリメントたちもびっくりでしょうね。
甘酒を外国人たちは「ジャパニーズ・ヨーグルト」と呼び、日本の発酵食品の代表格にあげられています。
私が甘酒を初めて作ったので今日は「甘酒記念日」

 次回のお茶のお稽古は三月三日(土)でお雛祭りの日です。
その時にまた作って社中の皆様方と一緒に飲んでみたいと思っています。
そうそう甘酒を入れる器も選らんでいきたいものです。
本日読者の方からメールが届きました。
「淡いピンク色した甘酒もあります」とのこと、この季節は雛祭り用に作ってみたいものです。
いただけること楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

美味しそうですね

まぁ、何でもなさいますね!
米麹の甘酒は優しいお味で大好きです。
俳句の季語で夏とは意外でした。
日本の発酵食品は素晴らしいですね!

震災後のこだわり!

★雫さま
 東日本大震災以降、食に対する考え方が大きく変ってきました。
「身土不二」「手作り」そして「自立」
遠くでできた食材ではなく、自分で畑を耕し野菜などを作ってみる。男であったとしても一人で食事を作れるようにしておきたいと思うようになってきました。自分が作った野菜でお茶事の時に懐石料理も自分で作ってみたいと思っています。
 米麹で作った甘酒を見ていると、乳白色のその色に惹かれます。白であっても米の色とはまた違った色に魅力を感じます。甘酒の甘さやその栄養素についても興味はあるのですが、その色も私は見逃せません。
コメント誠にありがとうございます。

スタート!

思いつくとすぐにスタートさせてしまう行動力は、ホントにお見事!
早くいただいてみたいですね~試作品からいろいろと。
お味の変遷をたどるプロジェクトも、ぜひ発進させてください!

さて!

★リンコさま
 こんばんは。
ひょんなことから「甘酒屋」思いつきました。
たぶん昔から何かお店をやるのならきっとこれだうな~と以前から頭の片隅にあったと思います。気が早いのですが、もうお店の名前も決まって、お店の中はどんな机の配列にしようかとかもう決めています^^
考えだけはいろいろいともう決めていることがいっぱいです。
あとはどう実行するかでしょうか!^^;
 お店はまず先の話として、これからはいろいろな甘酒の味を作ってみたいと思います。ということで、全国各地の甘酒情報を今収集しているところです。米そして米麹と・・・読者の方から淡いピンクの甘酒もあるという情報もいただきました!
均一な味をどう作れるようになるのかが当面の課題になりそうです。週末は甘酒の試作の日々が続きそうです。
そんなわけで「甘酒雑記帳」という一冊のノートを作って書き込みはじめました。どうも私はこうして書き込んでいく癖があるようです。
いつか試飲する機会を作りたいと思います、待っていてください。
楽しみ楽しみ!

甘酒は母の匂ひ

ブルーの器に甘酒の写真、良いですね。
夏は冷やしていただくと余計このブルーが爽やかそう。

それで、思い出して先日デパートで買ってきた「江戸一飯田」(東京築地)の米と米麹と塩だけの甘酒をいただきましたが、夫が落語「甘酒」の話をしたりして、
しばしのひとときです。

昔母が沢山甘酒を作って綿入れをかぶせていたた事を想い出しました。
そのときはあまり好きではなかったのですが…

へい、ありがとうございます!

★楽居庵さま

楽居庵さま  : おうッ、甘酒屋!
甘酒屋勘四郎: へい、ありがとうございます
楽居庵さま  : あついか?
甘酒屋勘四郎: いえ、丁度飲み頃でございます
楽居庵さま  : 冷えているんじゃないのか?
甘酒屋勘四郎: おこたに、みかんに、甘酒がよろしゅうございます!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ