風の森通信 第835号


 叔父「神尾敬蔵」を偲ぶ

 天童市の叔父「神尾敬蔵」(89歳)が17日に亡くなり、昨日は火葬そして告別式と参列してまいりました。
 旧国鉄を55歳で退職し、OB会の取りまとめや近くの公民館長を長年勤め、その後所有していた畑にさくらんぼの木を10本、ラ・フランスの木を20本、それにぶどうなどを植えて果樹栽培をして楽しんでいました。つい一年前までは愛車のトヨタのRAV4に一人で乗りよくさくらんぼ園によく通っていたものです。
毎年季節毎に叔父が丹精こめて育ててくれた果物を宅急便で届けてくれました。
伺う度に叔父から習ったことは「流した汗と引き換えに、豊かな実りを手にする喜びは何ものにも勝る喜び」ということでした。
去年から私が家庭菜園を始めているのも叔父の影響によるものです。
もう叔父の笑顔に会うことは叶いませんが、畑に出る度に叔父のことを思い出すことになりそうです。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

合掌

心よりお悔やみ申し上げます。

富樫さんにとって人生の師であった方なのでしょうね。

お別れは辛いでしょうが教わった言葉を大事にして、これからも人生を励んで下さいませ。

また来いよ!

★さちりんさま
 こんばんは。
当初叔父の写真を掲載しようか迷いましたが、優しい叔父のお顔をネットにも残しておき、どこからでもと思ったものですから掲載することにしました。
そして叔父からの教えも・・・
「また来いよ!」
写真を見ているとそんな叔父の声が聞こえてまいります。
コメントありがとうございます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ