風の森通信 第844号


 屠蘇(とそ)の準備


 十二月の中旬を過ぎると、そろそろお正月の準備もスタートしなくてはなりません。
掃除や年賀状の準備もあるでしょうが、休みの期間中にいただくお酒の準備をするのもその一つです。お酒の量はそれほど飲めない私ですが、美味しいお酒にみりんを少々加えて「屠蘇散(とそさん)」を浸し、毎年いただくことにしています。
この「屠蘇散」を準備するのが私の役目。今年も親しい友人から紹介していただき、ようやく手に入れることができました。
陶陶酒本舗製です。

 お屠蘇とは中国の三国時代の医者が、一年間の災難厄除のために種々の薬草を調合して酒に浸して飲んだのが始まりといわれ、邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇(よみがえ)らせるところから「屠蘇」と名付けられたようです。
我国には平安時代の初めの頃伝えられ、お酒に屠蘇を浸して用いられてきました。「福寿」を招くと正月の縁起行事の一つとして行なわれ、元旦の朝に雑煮やおせち料理をいただく前に、年少者から年長者へと盃を順にすすめてお屠蘇を飲む習わしです。

 私は大晦日の夜に清酒にみりんを加え、一袋の「屠蘇散」を浸すだけという簡単なものです。
今年はその「屠蘇散」をまとめ買いできたので、親戚や友人たちにもお届けしたいと思っています。


 今日のお稽古は後炭手前、台天目そして流し点でした。
来週の土曜日が今年最後のお稽古となります。


 和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

屠蘇の準備をするのは、子ども時代の我が家でも父がしていました。
31日の大晦日になにやら浸していたことを懐かしく思い出します。

お屠蘇もお正月料理もだんだんと数が少なくなってきました。

お店も元旦から開くと思うと昔のように保存食もいらなくなってきますね。

でもせめて好きな物10品くらいは作ろうかと思っていますが・・・

富樫さんを見習って頑張りますe-330

来年もまた。

★楽居庵さま
 お正月といえばおせち料理がメインで、「お屠蘇」は脇役になっているように思います。それに屠蘇散の入っていない日本酒が「お屠蘇」と思われているところもあります。
「お屠蘇」の本来の意味を知ると、お正月のまた違う味わいが楽しめるのではないでしょうか。
今年の「お屠蘇」もなかなかおいしいものでした。
来年もまた作ります。
コメント感謝申し上げます。

今年のお正月はいかがでしたか。

★さちりんさま
 さて今年のお正月のおせち料理はいかがでしたか?
来年は私が手がけている家庭菜園で取れた野菜で、何か一品でも作ってみたいと思います。
紅白なますや栗きんとん、黒豆あたりが候補といったところでしょうか。
楽しみでございます。
コメントありがとうございます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ