風の森通信 第863号


 「なごり雪」


   みちのくの弥生晦日に春の雪 伊勢正三の歌口ずさむ

                            H25.3.31 冨樫 通明

なごり雪」  作詞・作曲 伊勢正三

 季節が移り変わる頃、心の中にある悲しみや辛さを歌にするのは、古くからあったことではないでしょうか。この歌の場面の中で雪が降っていたのは、汽車を待っているわずかな時間であったに違いありません。
桜の花が散る時もまたこんな感覚になってしまうのだろうか。

 仙台は一日小雪が舞いました。
そんなわけでスタッドレスタイヤはまだ離せません。


 昨日のお稽古は真之炭、真之行台子そして台子薄茶点前。
来週は透木と斎藤先生からお話がありました。  


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ