風の森通信 第900号


六華窯Now


 
 久しぶりに六華窯に伺ってまいりました。
車を走らせ国道48号線から脇道に入って約5分。
アクセルを戻せばゆっくり走る雪景色。

 岩井先生ご夫妻にお会いするのは、10月10日から仙台市藤崎で開催された個展以来となります。
ご挨拶はまず雪の深さで始まります。
現在は個展後の追作と、来年三月開催予定の山形楽美洞様での≪茶道具展≫ に向けて既に作陶に取り組まれていて、お忙しい毎日のようです。
そんな中、時間を割いていただき誠に恐縮でした。
お昼時、クリスマスにあわせて奥様が作られた数々のお料理をいただいてまいりました。

生牡蠣、ホタテのワイン蒸しなどなど・・・三陸産のおいしいものが数多くテーブルに並べられました。
そして先生の作品のアンティノーのお皿に盛られていたのは、鳥の香草丸焼き・マスタード添え。

お椀には工房の前にある畑から、岩井先生が掘り出してきたという里芋が入ったカボス風味の芋煮汁。この里芋が口の中でとろけるような食感でなかなかおいしいものでした。
そしてテーブルに置かれていた金彩のお皿。

梨地の上に大胆に金が施され、その上にはリンゴや新潟産の洋梨が置かれています。金彩のお皿の上では果物の白さが際立って、甘くおいしい果物がより一層おいしく見えてくるから不思議です。

 お話が進んでいくと、今日は岩井先生のお誕生日であることが分かりました。
12月22日のお生まれ。
記念に写真を1枚!

岩井先生そして奥様もいつもお元気で何よりです。

 話しが弾んで帰る頃にはすっかり陽は西に傾き、辺りに人は無く私と雪景色だけです。
今日は冬至でもありました。


 岩井先生の作品が、日経アート様のホームページで新たに販売情報として掲載されましたのでご案内申し上げます。

■ブログ「六華窯雪月花~News No.5」
  ↓
 http://kilnrikka.blog.fc2.com/blog-date-20131222.html

■六華窯公式ホームページ
  ↓
 http://kilnrikka.jp/



 昨日のお稽古は今年最後となり、行之行台子そして台子薄茶点前でした。
年明けて5日(日)午後1時から初釜と齋藤先生よりご案内をいただいてまいりました。
どんなお席になるのか今から楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

なんて贅沢な

e-268アア、私のお気に入りのお皿にご馳走が・・・お皿は使う物と分かってはいますが、飾って愛でたい様な素敵な色と模様のお皿です。
このお皿でしかもご馳走をいただくなんて、なんて贅沢な富樫様。

私はこの写真を見て、いじけております。

楽しいひとときでした!

★さちりんさま
 岩井先生のお宅で、先生のお作りになったお皿で、そして奥様が作られたお料理をいただく・・・
なんと贅沢な時間だったでしょうか。
こんなひとときを過ごせるのもありがたいことです。
いつか是非さちりんさんも仙台に来られる機会がございましたら、ご案内申し上げたいと思います。
楽しみにしております。
いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ