風の森通信 第917号


香との出会い



 写真の匂い袋は前号でご紹介させていただいたものです。
連休最後の五月六日、第二十七番札所の深堀観音堂で同行した友人が授かった珍しい金の納札に添えられていました。奉納された方は仙台市在住のS氏、七十五歳、平成二十五年四月二十九日と記されておりました。匂い袋の大きさは縦横三センチほどの小さなものです。友人の了解を得て透明なビニール袋から金の納札を取り出しお香を聞いてみました。
清々しい香りがして少しフルーティー、、、心豊かになってくるものです。
香銘はなんでしょうか?
香元はどこでしょうか?
匂い袋がビニール袋に入っていたこともあって、一年が経過しても香りがしっかり残っています。
 観音堂はほとんどが無人なので、線香を焚くときに火を使うのは火災の危険があるので、匂い袋を供えるのだと以前お聞きしたことがあります。匂い袋を手にしていると、観音堂にそして授かった人へのS氏の心づかいがうかがえます。

 お香を焚くことによって、観音堂の空間と心身を清浄する働きがあるといわれています。同時に人の心を落ち着かせる作用もあるようです。
毎週お茶のお稽古のときにも同じことをやっていました。炉でも風炉でも、炭手前の時に練香や香木を熱灰や炭の上に置き、自然に焚かれて香りが満ちてきてお茶室とそして私たちまでもが清められていきます。茶道のなかの一つの所作と、観音堂で香を焚く行為が同じことのようです。
巡礼のなかで線香を焚いたり匂い袋を置いてくるという行為は、香りを観音様に献上するということになって、一つの徳を積むことにもなるのではないでしょうか。
この巡礼で香りに出会えるとは予想だにしなかったこと。この最上三十三観音巡礼は、五感を使うことをも求められるという誠に奥深いものがあります。
これからもまた新たな出会いが楽しみです。

 お香で思い出に残っているのは、齋藤社中の初釜の時最後に源氏香を体験させていただいたこと、そして六華窯の岩井先生のご実家に伺ったとき、空薫(そらたき)を経験させてもらったことが今でも心に残っております。そして今回の巡礼での匂い袋も楽しい思い出の一つにになりました。
観音様のご縁に改めて感謝でございます。

 

和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ