風の森通信 第919号


真台子でのお稽古


 真台子を使ったお点前のお稽古はいつも緊張するものです。
そんな緊張の中でも、天板にのせられた常叟好甲赤棗(こうあかなつめ)の姿が実にきれい。
神仏はきっときれいなものが好きなのに違いありません。


 土曜日のお稽古は真之炭、大円之真そして台子薄茶点前でした。
真台子を前にしての膝行や膝退そして則退などの所作を、これからの最上三十三観音巡礼の中でも取り入れ巡ってまいります。

 

和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗なものは

神様に限らず、綺麗なものは誰でも好きだと思います。

漆塗りでしょうか、、、本当に日本の侘び寂びにはかなうものはないように思います。

こんな御道具を目の前に出来るなんて幸せなことですね。

お稽古頑張ってくださいませv-298

★さちりんさま
 神社やお寺に行ってみると、堂内や庭園などがいつもきれいに掃除されています。私自身もいつも手や口も漱いでから入るようにしています。
私の部屋もきれいに掃除して、福の神に来ていただくことにいたしましょう!^^
いつもコメントありがとうございます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ