風の森通信 第998号


“もってのほか”


 “もってのほか”は食用菊のことです。
今でいうエディブルフラワー。
今朝早くに篭いっぱいとってきました。
朝露の付いたもって菊は長寿の秘訣。
農薬など一切使っていないので、安心していただくとこができます。
ピンク色の“もってのほか”は最盛期、“紅もって”はそろそろお仕舞の季節となりました。

↑ 写真をクリックしていただきますと少し大きな画像となります。


    朝露に菊の香そっと問いかける  2015.10.2 冨樫通明


 沸いたお湯に少し酢を入れ1~2分ほどゆで、水で流して絞るだけというとても簡単なものです。季節の皿にのせて麹醤油を少し垂らしていただきます。
シャキ、シャキッとした歯触りと、ほろ苦い大人の味がたまりません。



 9月26日(土)は第4回目の研究会に参加してきました。
御家元業躰 五明宗昭 先生よりご指導いただきました。
午前中は重茶盌、後炭手前そして入子点、午後からは唱和之式。
社中の中でも唱和之式ができるよう齋藤先生にお願いしたいと思っています。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

見ても良し、食べても良し、お花を食べられる事を知った最初の花がこの食用菊でした。

でもこちらではもう食用菊は終わりで、何処のお店を探してもありません。

短い間にいただけるのでありがたみが増すような気がいたします。

こちらでも・・・

★さちりんさま
 こんばんは。
仙台でももってのわかはそろそろお仕舞の季節になってきました。今年も沢山いただくことができました。
まだ庭に少しだけ咲いておりますが、今年最後の働きとしてお稽古の中で“唱和之式”で残花として花入に入れようかと思っています。
ありがたいことです。
五感で楽しめるもってのほかに感謝です。
いつもコメント誠にありがとうございます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ