風の森通信 第1017号


雛壇


      雛段の陰に歳月潜んでる    2016.2.27 冨樫 通明


 二月最後のお稽古は大炉、更々棚での茶通箱濃茶そして入子点薄茶。


ようやく逆勝手が慣れてきたところでしたが、来月からは釣釜と先生から予告がありました。
この七段飾りの雛人形たちとは来年までこれでお別れです。

 花入れには曙椿そして満開の啓翁桜が入れられています。


啓翁桜は高畠の中村さんからいただいたものです。
花が終われば葉桜を見て、その後は地面に植え根を張ってくれれば来年もまた楽しむことができます。

 明日は支部総会に参加予定です。
齋藤先生は風邪が長引いているようなので、私が代理として出席することになりました。


和の学校仙台分校へどうぞ


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ